周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

天狗のイタズラ

応永二十七年(一四二〇)六月二十七日条 (『看聞日記』2─59頁) 〔釈〕 廿七日、晴、酉時有大地震、帝尺動也、又有焼亡、〈申時歟、〉北小路油小路辺 云々、天狗洛中荒云々、先日中京辺在家四五間菖蒲を逆ニ葺云々、天狗所為歟、 炎旱非只事、御祈禱雖…

自死の中世史 28 ─中世の説話7─

「臨終に執心を畏るべき事」『沙石集』巻第四ノ五 (『新編日本古典文学全集』52、小学館、2001) 近比、小原に上人ありけり。無智なりけれども、道心の僧にて、かかる浮世に、長らへてもよしなく思ひければ、三七日、無言して、結願の日、頸をくくり…

自死の中世史 27 ─中世の説話6─

「仁和寺西尾の上人、我執に依つて身を焼く事」『発心集』第第八─三 (三木紀人『現代語訳 方丈記 発心集 歎異抄』學燈社、2006) 近き世の事にや、仁和寺の奥に同じさまなる聖、二人ありけり。ひとりを西尾の聖と云ひ、今ひとりをば東尾の聖と名付けた…

自死の中世史 26 ─中世の説話5─

「蓮花城、入水の事」『発心集』第三─八 (三木紀人『現代語訳 方丈記 発心集 歎異抄』學燈社、2006) 近きころ、蓮花城といひて、人に知られたる聖ありき。登蓮法師相知りて、ことにふれ、情けをかけつつ、過ぎけるほどに、年ごろありて、この聖の言ひ…

自死の中世史 25 ─中世の説話4─

「空入水したる僧の事」『宇治拾遺物語』巻第十一・第九話 (『日本古典文学全集』二八、小学館) これも今は昔、桂川に身投げんずる聖とて、まづ祇陀林寺にして百日懺法行ひければ、近き遠き者ども、道もさりあへず、拝み行きちがふ女房車など隙なし。 見れ…

木村文書1

解題 木村氏は戸坂村(広島市戸坂町)狐爪木(くるめぎ)神社の神主職を勤めた家である。 一 大内義隆下文 (木村) 補下 大宮司藤原正廉 (マ丶) 安藝國佐東郡狐爪木八幡社神料田畠壹町玖段余地事 右件料田事、全知行、不三陵二夷礼奠一、可レ奉レ祈二國家…

千葉文書9(完)

九 毛利輝元書状(折紙) 爲二御音信一ねり酒両樽并蚫一折被二送越一候、懇志之段祝着候、則令二賞翫一候 恐入候、いつれも可レ申候、謹言、 (輝元) 正月廿九日 (花押) 神保源右衛門尉殿 「書き下し文」 御音信としてねり酒両樽并に蚫一折を送り越され候…

剣舞はいつから?

応永二十七年(一四二〇)二月十日条 (『看聞日記』2─24頁) 十日、晴、早旦御堂巡礼、 (中略) 抑便路之間桂地蔵堂参詣、御堂造営奇麗也、暫念誦之間門前有放歌、以太刀刀跳 狂、男共見物、其風情奇得之由申、立輿見之、誠奇異振舞、不可説也、賜扇則…

千葉文書8

八 小早川隆景書状(折紙) 追而鶴一羽差上せ候、一段新敷候、獵味之薬食別而祝着候、 (神保源右衛門尉) (包久景相) 神源右肝煎候由、神妙候、弥其心懸干要候、猶従二包次兵所一可レ申候、謹言、 十二月十六日 隆景(花押) 高又兵 神源右 「書き下し文…

千葉文書7

七 小早川隆景條々 ケ条 (鵜飼元辰) 一先度蔵田太郎衛門尉差上せ候、我々下向海上にて行違、伏見⬜︎候てう新ニ令二 対談一候而下向候、即可レ被レ下候處、彼是用段等一度ニ可二申下一と、 (神保弥三郎) 一日々々遅々候處、其後神弥兵上着、打続其表之趣追…

千葉文書6

六 豊臣秀吉朱印状 (継飛脚) つきひきやく壹人、大坂まて夜中ニよらす可二相届一候、然者御定のことく、 壹里ニ四文つゝ可レ遣レ之候也、 (1593) 文禄貳年六月廿九日 ◯ (秀吉朱印) ふか江 「書き下し文」 次飛脚一人、大坂まで夜中によらず相届くべく…

千葉文書5

五 小早川氏奉行人連署書状 神保五郎方愁訴之儀、當時無二御闕所等も一候へ共、㝡前御約束之由候、又旁以 御申之条、十貫文之地御打渡被レ遣候、此由可レ被二仰聞一候、恐惶謹言、 九月廿二日 春忠(花押) 景道(花押) (捻封ウハ書) 「 磯兼左近大夫 井…

神の姿を見るタブー

応永二十六年(一四一九)六月二十五日条 (『看聞日記』1─284頁) 廿五日、晴、 (中略) 抑大唐蜂起事有沙汰云々、出雲大社震動流血云々、又西宮荒夷宮震動、又軍兵数十 騎広田社ヨリ出テ東方へ行、其中ニ女騎之武者一人如大将云々、神人奉見之、其後 …

自死の中世史 24 ─中世の説話3─

「入水したる上人の事」『沙石集』巻第四ノ六 (『新編日本古典文学全集』52、小学館、2001) ある山寺に、上人あり。道心深くして、憂世に心をとどめず、急ぎ極楽へ参らんとおもひければ、入水して死なんとおもひ立ちて、同行を語らひて、舟を用意し…

自死の中世史 23 ─中世の説話2─

「或る女房、天王寺に参り、海に入る事」『発心集』第3─6 (三木紀人『現代語訳 方丈記 発心集 歎異抄』學燈社、2006) 鳥羽院の御時、ある宮腹に、母と女と同じ宮仕へする女房ありけり。年ごろへて後、此の女、母に先立ちてはかなくなりにけり。歎き…

自死の中世史 22 ─中世の説話1─

「或る禅師、補陀落山に詣づる事 付賀東上人の事」『発心集』第3─5 (三木紀人『現代語訳 方丈記発心集 歎異抄』學燈社、2006) 近く、讃岐の三位といふ人いまそかりけり。彼のめのとの男にて、年ごろ往生を願ふ入道ありけり。心に思ひけるやう、「此…

千葉文書4

四 小早川氏奉行人連署書状 (端裏捻封ウハ書) (景道) 「 磯兼左近大夫 井上又右衛門尉 神保五郎殿 まいる 春忠」 (賀茂郡) 貴所御愁訴之儀、遂二披露一候、於二黒瀬表一先五貫文可レ被レ成二御扶助一候、在所 之儀可レ被レ任二御賦一候、恐々謹言、 二…

千葉文書3

三 小早川隆景感状寫 (安藝) (晴賢) 去朔日當國佐西郡厳島陶陣山斬崩時、敵一人討二捕之一、粉骨之至尤神妙也、 仍感状如レ件、 (1555) 天文廿四年十月廿一日 隆景〈御書判〉 神保五郎殿 「書き下し文」 去んぬる朔日当国佐西郡厳島陶の陣の山を斬り崩…

千葉文書2

二 神保房胤合戦手負注文 (證判) (大内義隆) 「一見候了、(花押)」 神保彦三郎房胤謹言上 欲下早賜二 御證判一、備中後代龜鑑上軍忠状事 (賀茂郡) 右去年天文五十一月七日以来、於二藝州平賀蔵人大夫興貞要害頭崎詰口一、郎徒 僕従被レ疵人数備レ左…

千葉文書1

解題 千葉氏は同氏の系図によると上総介忠常の後胤で代々下野国真壁に住んでいた。忠恒から十七代の胤季の子経胤の時に信州伊那へ移り、その地名から神保を称するようになったという。 永正のころ、信胤は安芸国へ移り、大内氏に、ついで毛利氏に属し、直接…

藤田精一氏旧蔵文書3(完)

三 常陸親王令旨 安藝國河戸村國衙分〈一分二分〉、任二先例一可レ令二全知行一者、 常陸親王令旨如レ此、悉レ之、以状、 (1352) 正平七年二月一日 右兵衛佐(花押) 田所新左衛門尉舘 「書き下し文」 安芸国河戸村国衙分〈一分二分〉、先例に任せ全く知行…

藤田精一氏旧蔵文書2

二 六波羅御教書 (端裏書) 「乾元二 下知 資賢」 (造ヵ) (間ヵ) ⬜︎東寺安藝國田所資賢⬜︎抑二留公廨田并雑免所當米一⬜︎事、重訴状〈副二具書一〉 (不ヵ) 如レ此、先度加二下知一之處、被二承引一旨太無レ謂、早任二先下知状一、可レ被レ 致二⬜︎御沙汰…

藤田精一氏旧蔵文書1

解題 大正四年当時、広島陸軍幼年学校の教官であった同氏が所蔵していた文書である。 一 六波羅御教書 ○以下三通、東大影寫本ニヨル (端裏書) (1275) 「惣社 建治元年 九月十日」 安藝國在廳上西清經并惣社三昧同一和尚承兼申、當國温科村地頭代能秀令下…

原田篤郎氏所蔵文書(完)

解題 安芸郡府中村(府中町)松崎に鎮座した八幡別宮関係の文書である。原田氏は同氏の系図によると、安芸守護武田氏の一族で、玖地域(広島市安佐町)に滅んだ武田信栄の弟に信久がおり、信久の第二子家久の系統が原田を号し、その長子家元は佐東郡中須村(…

厠の尼子さんとその眷属

【史料1】 応永二十五年(一四一八)十月二日条 (『看聞日記』1─234頁) 二日、晴、 (中略) (称光天皇) 去比禁中はけ物あり、女房腰より下は不見半人也、主上大便所ニて被御覧云々、 〔違〕 (白川) 其以後御遣例、此化人主上、資雅朝臣ニ有御物…

自死の中世史 21 ─自死紹介の悩み5─

【その5】 ここまで、だらだらと個人的な悩みを書いてきましたが、悩みは独白するだけでもある程度スッキリするものです。当たり前のことかもしれませんが、私は今後、自死を「行為」とみなし、①自死の原因・理由動機、②自死の目的動機、③目的遂行のために…

自死の中世史 20 ─自死紹介の悩み4─

【その4】 そうすると、「自殺念慮」という欲求は、いったいどこから生まれてきたのでしょうか。なぜ、人間は成長とともに死を望むようになるのでしょうか。こうした問題について1つの答えを与えてくれるのが、坂田登氏の論文(8)です。これは、生やセッ…

自死の中世史 19 ─自死紹介の悩み3─

【その3】 さて私は、自死によって実現される事態・価値を自死の「目的」と表現しましたが、ダグラス(Jack D.Douglas)という社会学者は、同様のものを自殺の「社会的意味」として追究しています。本来はダグラスの原著に目を通すべきなのですが、英語の著…

自死の中世史 18 ─自死紹介の悩み2─

【その2】 このような自問自答を書き連ねてきて、1つ気づいたことがあります。それは、私が何を目的に自死の原因を追い求めてきたのか、ということです。とても単純すぎて意識にのぼらなかったのですが、どうやら私は「自死を止めたい」ようです。「原因」…

自死の中世史 17 ─自死紹介の悩み1─

【その1】 なんとなく気づいていたのですが、予想通り、「因果連鎖の問題」(1)に陥ってしまいました。「風が吹けば桶屋が儲かる」ではないですが、桶屋が儲かったのは、ネズミが桶をかじったからなのか、猫が減ってネズミが増えたからなのか…、盲人が三…