周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

2018-04-11から1日間の記事一覧

銀の花

弘安三年(一二八〇)八月三日・四日・七日・二十一日条 (「弘安三年中臣祐賢記」『増補續史料大成 春日社記録』3─60〜67) 三日、申剋、五所の御寶殿ニ等、銀花開之由、神人令申之間、令實檢之處、數十本 (安倍)(土御門) 之間、銀實否依難治定、…

自殺の中世史 2 ─中国の場合2(思いやりと自殺)─

「孝婦の冤罪」 『捜神記』巻11─290(佐野誠子著・竹田晃・黒田真美子編『中国古典小説選2 捜神記・幽明録・異苑他〈六朝Ⅰ〉』明治書院、2006) 漢時、東海孝婦、養レ姑甚謹。姑曰、「婦養レ我勤苦。我已老。何惜二余年一、久累二年少一。」遂自縊…

自殺の中世史 1 ─中国の場合1(嫁いびりと自殺)─

「嫁の神様」 『捜神記』巻5─6(開放文學、http://open-lit.com/bookindex.php?gbid=119) 淮南全椒縣有丁新婦者、本丹陽丁氏女、年十六、適全椒謝家。其姑嚴酷、使役有程、不如限者、仍便笞捶不可堪。九月九日、乃自經死。 遂有靈向、聞於民間。發言於巫…

自殺の中世史 〜はじめに〜 (Introduction)

「数年前だったか、新聞紙上で、大宅映子さんのこんな行文にふれた。『死ぬとわかっていて、なぜ人間は生きてゆけるのか』、そういう根源的な問いに答えを出していくのが文学部というところだという、ある大学での講演のくだりである。」 鷲田清一「死なない…