周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

2018-05-15から1日間の記事一覧

ドラマチックな地蔵譚

応永二十三年(一四一六)七月十六日条 (『看聞日記』1─45頁) 十六日、晴、伝聞、山城国桂里ニ辻堂之石地蔵、去四日有奇得不思儀事、其子細 者、阿波国ニ有賤男、或時小法師一人来云様、我住所草庵破壊雨露もたまらす、 仍可造作之由思也、来て仕るへし…

自死の中世史 10 ─古代史の研究紹介─

自死の中世史と言いながら、なかなか中世にたどり着かないまま、ここまで古代の史料を紹介してきました。古代の自死を正面から分析した研究はないのかと思っていたのですが、最近その論文に出会えたので紹介します。こうした研究があると知っていれば、わざ…

自死の中世史 9 ─日本の古代7─

永延二年(九八八)六月十七日条 『日本紀略』(『国史大系』第五巻、『大日本史料』第二編之一) 十七日、壬申、左獄被二禁固一、強盗首保輔依二自害疵一死去了、是右馬權頭藤原 致忠三男也、件致忠、日来候二左衛門弓場一、昨日免、 「書き下し文」 十七日…

自死の中世史 8 ─日本の古代6─

弘仁七年(八一六)八月二十三日条 (森田悌『日本後紀(下)』巻二十五、講談社学術文庫、2007) ◯丙辰、公卿奏言、上総国夷灊郡、官物所レ焼、准レ穎五十七万九百束、正倉六十 宇、刑部省断レ罪言、検焼損使散位正六位上大中臣朝臣井作等申、税長久米…