周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

ライフワーク part2(Study of suicide in Medieval Japan)

自殺の中世史2─14 〜現世の浄土と自殺 分析編〜 (Suicide and Heaven on Earth part2)

【「自殺の中世史2─13」からのつづき】 嘉元二年(1304)九月十三日、石清水八幡宮山上の社殿で、閉籠していた大山崎神人たちが集団で切腹事件を起こしました。いったい、なぜこのような事件が起きたのでしょうか。まずは、この事件の概要を説明して…

自殺の中世史2─13 〜現世の浄土と自殺 史料編〜 (Suicide and Heaven on Earth part1)

【史料1】 嘉元二年(1304)九月十三日条 (『実躬卿記』5─240頁) (源師重) 〔堯ヵ〕 十三日、〈壬戌、〉晴、(中略)抑万里小路大納言持参権別当桑清法印状、備叡覧、 此事八幡大山崎神人致嗷訴之余、自去比閉籠社頭、閉三方楼門立籠、追出御殿…

自殺の中世史2─12 〜動機未詳〜

正応五年(1290)四月一日条 (『実躬卿記』4─207頁) (亀山法皇御所) 一日、晴、早旦参禅林寺殿、(中略) 〔大〕 抑今日禁裏中門二番下人於池辺自殺、仍即舁出之云々、所存不審、不知其故、珍 事々々、 「書き下し文」 抑も今日禁裏中門大番の下…

自殺の中世史2─11 〜浄土信仰と自殺の相関性〜

文永十一年(1274)十一月十一日付日蓮書状 (『鎌倉遺文』11748号文書) (前略) 抑日蓮は、日本国をたすけんとふかくおもへとも、日本国の上下万人一同に、国のほろふへきゆへにや、用られさる上、度々あたをなさるれは、力をよはす、山林にまし…

自殺の中世史2─10 〜逃避目的の自殺〜

文永二年(一二六五)五月二十一・二十五・二十九日条 (「文永二年中臣祐賢記」『増補續史料大成 春日社記録』1─431) 廿一日、御神事如例、 (中略) 一今日、巳剋、山僧光玄於南都水門、爲六波羅沙汰被搦取了、自殺云々、但未死去 教玄(堯賢ノ誤ヵ)…

自殺の中世史2─9 〜賢明な自殺と命の価値〜

寛元四年(1246)六月九日条 (『大日本古記録 岡屋関白記』1─109) (藤原頼経) 九日、丙申、晴、此間世間不静、毎夜連日回禄、又関東有事云々、入道大納言廻 (北条) (北条) (北条) 謀察、相触武士等討時頼、〈泰時朝臣末子、兄経」時死去之…

自殺の中世史2─8 〜遺恨からの放火、そして自殺〜

寛元二年(一二四四)四月日付ヵ奈良坂非人等陳状『春日大社文書』 (『部落史史料選集』第1巻、古代・中世篇、部落問題研究所、1988年、 127〜139頁、『鎌倉遺文』6316号文書) (前略) 一法仏法師令教訓申兄近江法師大田様、豆山土申尓一…

自殺の中世史2─7 〜狂乱と自殺〜

寛喜元年(1229)十二月十七日条『明月記』 (第3─148頁、国書刊行会、および『大日本史料』5─5─400頁) 十七日、辛亥、天晴、(中略)一昨日火事、夫〈左衛門尉、〉殺其妻、我又自害、 放火焼死云々、或曰、是又非本心、狂乱所為云々、妻近江…

自殺の中世史2─6 〜「自害」は必ずしも「自殺」に非ず〜

正治元年(一一九九)十月十三日条 (『猪隈関白記』2─3頁) 十三日、壬申、 (殿以下十一字、モト十二日條ニ記セリ、今符號ノ意ニヨリテ移ス) 晴、殿下令参院・内并長講堂、 (後鳥羽) 頭権大夫親経朝臣相具文書来、香椎宮神人貞正・宗友与石清水権寺主…

自殺の中世史2─5 〜「自害」は必ずしも「自殺」に非ず〜

建久九年(1198)三月二十七日付宇佐彌勒寺留守所下文 (「豊後城内家文書」『鎌倉遺文』972号) (端裏書) 「彌勒寺留守所御下文〈遣二筑前一」建久九年也、〉」 (豊後速見郡) 下 日出庄 可下早企二参洛一申中上子細上迫五郎吉守身事 右、件吉守…

自殺の中世史2─4 〜非難されるが、不憫に思われる自殺〜

治承元年(1177)六月二日条 『愚昧記』中(大日本古記録、231頁) 二日、庚午、朝微雨、(中略) 西光被斬事 西光頸今暁斬了、於五条坊門朱雀切之云々、成親卿於川尻邊入水之由 云々、可彈指、可哀憐、世上事如何、可恐可歎、 「書き下し文」 二日、…

自殺の中世史2─3 〜鬱憤と自殺〜

嘉応元年(1169)十月十三日条『百錬抄』第八 (『国史大系』第11巻84頁) 十三日。権律師行禅自害。是依二所領争論事一。被レ付二使庁使一。不レ堪二其鬱一之故也。云々。 「書き下し文」 十三日、権律師行禅自害す、是れ所領争論の事により、使庁…

自殺の中世史2─2 〜自殺という死に方に政治的影響はなし〜

長寛三年(1165)三月十日条 (高橋昌明・樋口健太郎「資料紹介 国立歴史民俗博物館所蔵『顕広王記』応保 三年・長寛三年・仁安二年巻」『国立歴史民俗博物館研究報告』139、20 08・3、https://rekihaku.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main…

自殺の中世史2─1 〜逃避目的の自殺〜

保元二年(1157)七月十六・十七日条『兵範記』2 (増補『史料大成』19─207) 七月十六日己卯 今夕被成流人官符、源頼行被流安芸国、可発軍兵之罪云々、 上卿右衛門督経宗令成官符於仗座、被内覧奏聞了、次参議師仲卿、少納言通能等向 結政、於官…