周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

田所文書

田所文書2 その1

二 沙弥某譲状 その1 (前闕) 「 神事勤仕頭人等⬜︎役事、 」 一宮二季〈二月十二月〉御祭鎭祭一夜⬜︎ 〈此物長〉進魚類酒二瓶等事、 清 八幡宮二季〈四月九月〉御祭役人別⬜︎人各送遣精進二種o酒一垂腹〈納三升〉 宛事、〈頭人交名神事参勤時依無其隠略之了…

田所文書1 その10

一 安藝国衙領注進状 その10 (東) 『⬜︎寺勸學院管領』 三田郷九町 被庄号之間、除今度文書了、 (半) 除不輸免五丁五反斗 崇道天皇免百八十歩 八幡宮御神楽免一丁五反 角振社御供田 有福 鎌倉寺免五反 倍従免二反 弘眞 公廨田三丁 久武一丁 助包一丁 貞…

田所文書1 その9

一 安藝国衙領注進状 その9 應輸田二丁七反 例代 (高宮郡) 佐々井村七丁二百卅歩 除不輸免(六丁五反) 六丁五反 即新宮免一丁 一宮免二丁七反 八月一日御供田一丁一反 山王社免一丁 御神楽免六反 惣社仁王講免一反 行西 瀧蔵寺免三反 弥冨 舞人免二反 有…

田所文書1 その8

一 安藝国衙領注進状 その8 角振社仁王講免三反 弥冨 今者今冨資遠 諸寺勘料田一丁小 弥冨 公廨田(三丁九反大四丁四反大) 四丁四反大 久武八反 弥冨四反大(割書)「今者今冨 資遠(ヵ)」 盛貞跡一丁 宗繼三反 信覺四反 生 (入广輸)(王一丸一丁)王一…

田所文書1 その7

一 安藝国衙領注進状 その7 静印五反 瀧宮免二丁 御神楽免一丁 仁王講免一丁 水分社免五反 八幡宮免三反 即福王寺免二反 感神院社免五反 國廳社造立免五反 信家 公廨田一丁二反 (孫三郎ヵ) 高清三反(佐西⬜︎⬜︎⬜︎) 貞重三反(右近[ ]) 兼重六反(割書…

田所文書1 その6

一 安藝国衙領注進状 その6 九 福永七反小 同 (半) 福久一反斗 同 行永(一丁九反) 二丁一反小 同 七 (同ヵ) 宮守⬜︎[ ⬜︎ 九 則末六反 同 千同三反三百歩 同 (半) 倉重(一丁二反斗) 四反 官米三斗代 (半) 別符(一丁六反) 一丁二反斗 三 (半)…

田所文書1 その5

一 安藝国衙領注進状 その5 崇道天皇免二百卅歩 一御社免四十二町 御供田二丁八反 福永七反 八月中朔幣田 松丸七反 九月中朔幣田 國正七反 十一月一日田 爲則七反 十一月中朔幣田 御洗米免一丁 倉光 元祝師 御鏡田一丁七反 愛淂内侍 戎社免三丁 竹林内侍 (…

田所文書1 その4

一 安藝国衙領注進状 その4 宗門四反 安遠四反 宗員三反 宗包四反 琴持二反 有福 清重一反小 代官免六反 助延三反 助光三反 税所勘料田一丁七反 (五反) 遠清官物勘料田⬜︎⬜︎ 清家納所勘料田八反 清遠雑物勘料田四反 『四』 公廨田五丁九反大 (朱筆抹消) …

田所文書1 その3

一 安藝国衙領注進状 その3 [ [ 有富三百歩 爲光一反大 友重三反小 近道一反大 有福七反六十歩 弥冨一反大 清重小 清末一反大 貞安一反小 爲員六十歩 近光大 往生院免一丁 八幡宮免四丁四反 (一反斗ヵ) 御供田二丁⬜︎⬜︎⬜︎ 久武一丁 宗門三反 重門一反 慶…

田所文書1 その2

一 安藝国衙領注進状 その2 助門一反小 人長免一丁 助俊 主典免四反 宗俊 (官) 代⬜︎免六段 (助) ⬜︎次三反 末弘三反 勅使税所勘料田一丁 員家 公廨田六丁七反六十歩 弥富一反六十歩 貞重一反 兼氏二丁 員家一丁 (利) [ ] ⬜︎兼[ 高宗五反 保員⬜︎反 …

田所文書1 その1

解題 田所氏は、本姓佐伯氏で平安時代後期から安芸国衙在庁官人として田所文書執行職を世襲した家である。一号文書は鎌倉中期ころの安芸国衙領の状態をしめしている。府中を中心とする郡・郷・村・名がいずれも並列的に記載され、おのおのの田積をあげ、応輸…