周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

看聞日記

中世の最先端医療

【史料1】 応永二十三年(一四一六)九月二十二日条 (『看聞日記』1─65頁) (法安寺僧) 廿二日、晴、瘧病発日也、暁弘法大師御筆以下濯之呑、良明房令加持、然而又発了、 但聊軽分なり、 「書き下し文」 二十二日、晴る。瘧病発る日なり、暁に弘法大…

室町時代の都市伝説

応永二十三年(一四一六)七月二十六日条 (『看聞日記』1─55頁) 廿六日、晴、 (中略) (録) 抑伝説記禄雖比興、風聞巷説記之、去比京下方辺米有沽却者、件家ニ男一人来テ マス 米ヲ買ヘシトテ、器物升ト云物ヲ預置、取ニ来ランマテ、此升ヲ持上ヘカ…

ドラマチックな地蔵譚

応永二十三年(一四一六)七月十六日条 (『看聞日記』1─45頁) 十六日、晴、伝聞、山城国桂里ニ辻堂之石地蔵、去四日有奇得不思儀事、其子細 者、阿波国ニ有賤男、或時小法師一人来云様、我住所草庵破壊雨露もたまらす、 仍可造作之由思也、来て仕るへし…

ありがとう、天神様! 神をいたわる中世人

応永二十三年(一四一六)五月二十一日条 (『看聞日記』1─32頁) (庭田) 廿一日、晴、重有朝臣出京帰参、世事語之、春日社・日吉社有怪異云々、春日宝前 辺穴俄出来、〈一夜之間出来〉、穴底ヘ棹ヲ差入深事及二丈云々、不思儀之間、 社家注進云々、又…

妙薬!? 亀の小便

応永二十三年(一四一六)四月二十六日条 (『看聞日記』1─29頁) (栄仁親王) 廿六日、晴、御所様此間御耳ホ丶メキテ不聞、昌耆有御尋、亀ヲ水ニ洗テ、アヲノケ テ鏡ノ影ヲ令見之時、小便ヲスヘシ、其シトヲ良薬ニ合テ御耳ニ可入之由申、良薬 献之、仍…

怪鳥来襲 ─バケモノの処理法─

応永二十三年(一四一六)四月二十五日条 (『看聞日記』1─29頁) 廿五日、晴、聞、北野社ニ今夜有怪鳥、鳴声大竹ヲヒシクカ如云々、社頭モ鳴動ス、 二またの杉ニ居テ鳴、参詣通夜人消肝云々、宮仕一人以弓射落了、其形頭ハ猫、 身ハ鶏也、尾ハ如蛇、眼大…