周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

小田文書12

   一二 重正名内右馬二郎知行田畠注文

           (進退) (散畠)    (事)(久清)

 右重正之内、右馬二郎心代は、さんはく等の◻︎、ひさきよ名のおかきり、とう

        (分) (河お分)

 めん与こあせお◻︎、[  ]しやう原おといてお分、三なお分、おちあい

 (かわお河上)               (法師) (喰料分)

 [    ]、よしすゑかわふん、かんたにハうしのくひりおふん[ ]に中の

                  (おう分)

 うちつめおぶん、御かのひらこたにの[  ]、大町のいての上はしりおう分、

      (さと)  (尾)                      (ゑ木)

 おとし[  ]の中◻︎おとしのたに口分、同吉末まつとう上の[  ]うるしか

             (の中)

 迫のたにかしらゑ木大ひら[  ]、たニ森中ミそお分、下はこゑ木くたりさこ

                       (の)

 田の中そねお両ひらおくたり道お水おち分、ふけ◻︎せたな田おこ畠お分、河お分、

        (ゑヵ)             (成敗) 下

 上ハミそお分、◻︎◻︎一かやしきお分、重正名之内とせいはい如件、

    (1371)

    應安肆年かのとのヰ年  十月十五日      小右馬尉(略押)

 

 「書き下し文」(校訂注・説明注・推測を反映させたもの)

 右重正の内、右馬二郎進退は、散畠等の事、久清名のお限り、とうめん与こ畔お分、河お分しやう原おといてお分、三なお分、おちあいかわお河上、吉末河分、かんたに法師喰料分[  ]に中のうちつめお分、御かのひらこたにのおう分、大町の井手の上はしりおう分、おとしさとの中尾おとしのたに口分、同吉末まつとう上のゑ木うるしか迫の谷頭ゑ木大ひらの中、谷森中溝お分、下はこゑ木下り迫田の中曽根お両ひらお下り道お水落分、ふけのせたな田おこ畠お分、河お分、上ハ溝お分、ゑ◻︎一か屋敷お分、重正名の内と成敗下す件のごとし、

 

 「解釈」

 訳すことができません。

 

 「注釈」

*同日付「平右馬尉名田譲状」(四三号文書)の関連文書。平右馬尉が右馬二郎に譲与

 した名田等の注文。詳しくは、池享「中世後期における「百姓的」剰余取得権の成立

 と展開 」(『大名領国制の研究』

 (校倉書房、一九九五、https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/18661)参

 照。