周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

ナゾの発光体

  文明十一年(一四七九)七月廿日条 (『晴富宿禰記』105頁)

 廿日甲戌 霽

   (中略)

                               (マ丶)

  昨夜光物在禁中、人魂之由風聞云々、条々恠異非一事、皆以恐怖且又云々、

 

 「書き下し文」

 廿日甲戌 霽る、

   (中略)

  昨夜光る物禁中に在り、人魂の由風聞くと云々、条々恠異一事に非ず、皆以恐怖且

  又云々、

 

 「解釈」

 廿日甲戌 晴れた。

  (中略)

  昨夜光る物が宮中に現れた。人魂だと噂になったそうだ。このような件(怪異)は

  一つだけではない。みな恐怖したそうだ。

 

 「注釈」

「且又」─文末のこの二文字はどう読めばよいかわかりません。

「風聞」─ほのきく。かすかに聞く、うすうす聞く(『古文書古記録語辞典』)。 

 

*宮中に人魂が出現。こんな怪異は一つだけではないそうです。他に何があったのでし

 ょうか。たしかに恐ろしいです。宮中って、いろいろな怪奇現象が起こるんですね。