読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

ヤブ医者

楽しい古記録 晴富宿禰記(完)

  延徳二年(一四九〇)十一月二十六日条 (『晴富宿禰記』153頁)

 廿六日甲辰 晴

   (中略)

  足利義視

  准后将軍厳親腫物御所労尻、已御難儀之間被召諸医師、松井兵部卿自昨日進御良

     (貞盛法印)

  薬、此間竹田進御薬無御験之間、兵部卿薬御服用也、又江州卑賎之藪医師上洛、御

  腫物可療治云々、御療治昨日マテ七十二日也、神社仏寺御祈、抛他事云々、

 

 「書き下し文」

 廿六日甲辰 晴れ、

   (中略)

  准后将軍厳親腫物御所労尻、已に御難儀の間諸医師を召さる、松井兵部卿昨日より

  御良薬を進らす、此の間竹田御薬を進らせ御験無きの間、兵部卿の薬御服用なり、

  又江州卑賎の藪医師上洛し、御腫物を療治すべしと云々、御療治昨日まて七十二日

  なり、神社・仏寺御祈り、他事を抛つと云々。

 

 「解釈」

 二十六日甲辰、晴れ。

  (中略)

 足利義視はお尻に腫物ができてご病気になった。困り果てなさったので、さまざまな医師をお呼びになった。松井兵部卿は昨日から良いお薬を差し上げた。ご病気のあいだ、竹田貞盛法印がお薬を差し上げたが効果がなかったので、松井兵部卿の薬を御服用になったのである。また、近江の卑しい田舎者の医師が上洛し、義視様の腫物を治療しようとしているそうだ。ご治療の期間は、昨日までで七十二日であった。他のことは顧みず、神社や寺院では病気平癒の祈祷に専念しているそうだ。

 

 「注釈」

「准后将軍」─足利義視

「松井兵部卿」─未詳。

「竹田」─竹田貞盛(定盛)法印。室町時代の医師。

 

*「藪医者」という言葉は、すでに室町時代にはあったのですね。驚きました。ただ、

 『日本国語大辞典』によると、「田舎医者」という訳が適切で、「治療の下手な医

 者」という現代にも通じる意味は派生的なもののようです。