読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

怪異!? 蛙合戦

  延徳四年(一四九二)四月四日条 (『晴富宿禰記』158頁)

 四日甲辰 晴

  (中略)

  今朝於二条室町薬師堂傍、蛙合戦[  ]堀溝七八ケ間之間、蛙充満飡合之後、

 [  ]退畠辺蛙子四千百有之云々、

 

 「書き下し文」

 四日甲辰 晴れ、

  (中略)

  今朝二条室町薬師堂の傍らに於いて、蛙合戦[  ]堀溝七・八ケ間の間、蛙充満

  し飡合する(飡ひ合ふ)の後、[  ]畠辺りに退く、蛙の子四千百之有りと

  云々、

 

 「解釈」

 四日甲辰、晴れ。

  (中略)

  今朝二条室町の薬師堂で蛙合戦があった。堀や溝の間が約12〜14メートルある

  ところで、蛙が充満して互いに食い合っていた。その後、畠の辺りに引き下がって

  みると、蛙の子(おたまじゃくし)が四千百もいたそうだ。

 

 「注釈」

「薬師堂」─永福寺(蛸薬師堂)。

「蛙合戦」─蛙軍(かえるいくさ)に同じ。蛙が群集して争って交尾すること(『日本

      国語大辞典』)。

 

*凄まじい数の蛙が、寄り集まって交尾をしていたようです。その様子は、互いを食べ

 合うと表現するほどです。この様子がそんなに珍しいのかと思っていたのですが、

 『日本国語大辞典』に引用されている、『親長卿記』文明八年(一四七六)正月二十

 六日条の記事を見てみると、

 「廿六日、晴、参安禅寺殿・眞乗寺殿、

   今日聞、春日社有恠異云々、御供所井死人飛入云々、東大寺八幡社頭上瓦上食

   合、落懸橘木、打折枝云々、又有蛙合戦、在所忘却、條々希代事歟、藤・源之輩

   不思儀可出来前表歟、」

 (現代語訳)

 「今日聞いた。春日社で不思議なことがあったそうだ。御供所の井戸に死人が飛び込

  んだという。東大寺の手向山八幡宮の社頭の瓦の食い合わせの部分が橘の木に落ち

  かかり、枝を打ち折ったそうだ。また蛙合戦があった。場所は忘れた。これらのこ

  とは世にも希なことか。藤原氏・源氏の一族に、思いもよらない出来事が起こる前

  兆だろうか。」

 とあります。この史料を見ると、「蛙合戦」は春日社で起きた怪異の一つで、しかも

 不吉なことと考えられていたようです。ひょっとすると、記主の晴富も蛙合戦が珍し

 かったわけではなく、不吉の前兆と認識したからこそ、日記に書き留めたのかもしれ

 ません。