周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

小田文書19

   一九 盛勝名主職充文

    (正)

 久嶋重政名主職事、太郎左衛門申付候、然者社役御公事、任先例勤者也、

 仍状如件、

    (1473)

    文明五年巳癸十一月廿七日        盛勝(花押)

 

 「書き下し文」

 久嶋重正名主職の事、太郎左衛門に申し付け候ふ、然れば社役・御公事、先例に任せ

 勤むべき者なり、仍って状件のごとし、

 

 「解釈」

 久嶋郷重正名の名主職のこと。太郎左衛門に命じます。したがって、厳島社の社役や御公事は、先例のとおりに太郎左衛門が勤めるべきものである。よって、充文の内容は以上のとおりです。

 

 「注釈」

「太郎左衛門」─未詳。これも小田氏(奈良原氏)の一族か。

「盛勝」─未詳。その他の充文を見ると、地頭・地頭代のような人物が発給者になっているので、この人物も同じような存在ではないでしょうか。