周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

小田文書22

   二二 忠勝名田預ヶ状

 久嶋内正家名之事、預ヶ被申候条、諸公役以下何篇無緩、可馳走事専

 要候、爲其一筆如此、謹言、

                        (花押ヵ)

        八月十二日         忠勝[  ]

 

 「書き下し文」

 久嶋内正家名の事、預ヶ申され候ふ条、諸公役以下何篇も緩がせ無く、馳走を遂げら

 るべき事専要に候ふ、其の爲一筆此くのごとし、謹言、

 

 「解釈」

 久嶋郷内正家名のこと。預け申し上げたので、様々な公役などを、どんなときも怠けることなく、勤めるべきことが大切です。そのため、このように一筆啓上しました。

 

 「注釈」

*年未詳で、差出の忠勝も未詳。充所や名田を預けた経緯についてもよくわかりませ

 ん。ただし、文書名は「預ヶ状」となっていますが、解釈から考えると、「名田預ヶ

 状」に伴って発給された「副状」としたほうがよいと考えます。