周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

小田文書25

   二五 御代官沙汰人連署名田宛行状案

      ]之名田之事

(しヵ)         (ヵ)                         (懈怠)

  ]けまさ名の内きん二郎のもち[  ]所當のまゑ一人くゝしゝまゑけたいなく仕

                            (らヵ)

 候へく候也、此上ハ[  ]とうより外ニ主とゆう物[  ]◻︎す候、何なる物

 (由緒)                                       (仍)

 ゆいしよと[  ]共此状をさし遣候て、永代の[ ]とさたあるへく候、乃

 爲後日沙汰状如件、

      (1255)

      建長七年二月 日 

                       御代官

                       沙汰人

 

 「書き下し文」(可能な限り漢字仮名交じりにしました)

 重正名の内きん二郎のもち[  ]所当の前一人くくしし前懈怠なく仕へ候べく候ふ

 なり、此の上は[  ]とうより外に主とゆう物[  ]らす候ふ、何なる物由緒と

 [  ]共此の状をさし遣はし候ひて、永代の[  ]と沙汰あるべく候ふ、仍って

 後日の為沙汰の状件のごとし、

 

 「解釈」

 解釈できませんでした。