読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

男女の仲も命がけ

  永享十二年(一四四〇)三月十二日条 (『建内記』3─54)

 

 十二日、庚寅、天晴、夜雨、

  (中略)

 傳聞、六条宰相中将(割書)「有定卿」女、室町殿若君(割書)「朝日養君也」上﨟

 也、而於朝日宿所与遁世者(割書)「十七歳云々」密通露顕之間、於上﨟者被流刑、

 至遁世者者被切首了、近日事也云々、父卿心中察存者也、

 

 「書き下し文」

 十二日、庚寅、天晴れ、夜雨、

  (中略)

 伝へ聞く、六条宰相中将有定卿の女、室町殿若君「朝日養君なり」上﨟なり、而るに

 朝日宿所に於いて遁世者「十七歳と云々」と密通露顕の間、上﨟に於いては流刑せら

 れ、遁世者に至りては首を切られ了んぬ、近日の事なりと云々、父卿の心中察し存ず

 る者なり、

 

 「解釈」

 十二日、庚寅。天気は晴れ、夜に雨が降った。

  (中略)

 伝え聞いた。六条宰相中将有定卿の娘は室町殿若君(朝日の養君である)の上﨟であった。ところが、朝日の邸宅で僧侶(十七歳という)と密通したことが露見したので、上﨟は流罪にされ、僧侶は首を切られた。最近のことであるそうだ。父有定卿のお気持ちを察し申し上げるものである。

 

 「注釈」

「若君」─後の堀越公方足利政知か。父は六代将軍足利義教、母は幕府奉公衆斎藤朝日

     氏の妹(家永遵嗣「足利義視と文正元年の政変」『学習院大学文学部研究年

     報』61、2014、

     http://www.gakushuin.ac.jp/univ/let/top/publication/res_pdf_61/001.pdf)。

「養君」─養い育てる貴人の子。母の実家朝日氏の邸宅で養育されていたのでしょう。

 

* 将軍の若君づきの女房が、若い僧侶と密通…。スキャンダラスな?出来事です。気

 の毒に、バレた女房は流罪、僧侶は斬首。当時の流罪ですが、最終的には殺害される

 ことが多かったそうです。

  さて、結果としてこの二人は流罪・死罪となりましたが、そもそも流罪・死罪を覚

 悟で密通に至ったのでしょうか。それとも、バレてもまさか流罪・死罪にはならない

 だろう、軽い刑罰で終わるはずだ、と踏んで密通に及んだのでしょうか。それとも、

 バレるわけないと高を括り、軽い気持ちで密通したのか。いったい、どのパターンな

 のでしょう。命がけか、衝動的か、当事者の気持ちも気になりますが、そもそも密通

 は流罪・死罪に当たる重罪なのでしょうか。時の将軍は、恐怖政治を敷いた足利義教

 です。密通という罪に対する罰が厳しくなっていたのかもしれません。

  ですが、そもそもこの密通事件、何が問題だったのでしょうか。僧侶と密通したか

 らなのか、若君の住まう邸宅で密通したからか、六条有定の娘が若君の上﨟だったか

 らか、とにかく理由がはっきりしません。中世には「密懐法」という法律があるの

 で、女房が人妻であったならば、この法律に引っかかりそうですが、それもよくわか

 りません。謎は深まるばかりです。