周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

畜生道からの生まれ変わり

  嘉吉元年(一四四一)五月二十三日条 (『建内記』3─209)

 

 廿三日、己未、

 無量寿院来臨、笋已下珎物有芳志、旁賞翫催興了、玄周来、蔡壽喝食十歳論義已下讀

 誦、令悦耳了、件蔡壽者無量寿院下男子也、犬再誕之由人称之、彼寺有犬、僧衆於佛

 前勤行之時此犬必同音吠、送犬如此、終於佛前薨、不幾而下男之妻懐妊、所誕生也、

 仍有此疑云々、

 

 「書き下し文」

 廿三日、己未、

 無量寿院来臨す、笋已下珍物芳志有り、旁賞翫興を催し了んぬ、玄周来る、蔡壽喝食

 十歳論義已下読誦す、耳を悦ばしめ了んぬ、件の蔡壽は無量寿院の下男の子なり、犬

 の再誕の由人之を称す、彼の寺に犬有り、僧衆仏前に於いて勤行の時此の犬必ず同音

 に吠ゆ、年を送ること此くのごとく、終に仏前に於いて薨ず、幾ばくならずして下男

 の妻懐妊し、誕生する所なり、仍って此の疑ひ有りと云々、

 

 「解釈」

 二十三日、己未。

 無量寿院良意がお出でになった。筍など珍しいものを持参するお心遣いがあった。あれこれと味わい楽しんだ。息子の玄周も蔡壽喝食を連れてやってきた。蔡壽(十歳)は論義や経典の読誦を披露し、私の耳を楽しませてくれた。この蔡壽は無量寿院の下男の子どもである。人々は犬の生まれ変わりと言っている。無量寿院には犬がいた。僧たちが仏前でお勤めをしている時に、この犬は必ず僧たちの声に合わせて吠えた。このようにして何年も過ぎ、とうとう仏前で死んでしまった。それからどれほども時が経たないうちに、下男の妻が懐妊して、蔡壽が誕生したのである。だから、このような疑念があるそうだ。

 

 

無量寿院」─京都市左京区永観堂町の浄土宗禅林寺か。人物は良意。

「玄周」─記主万里小路時房の子息。応永三四年(一四二七)生。永享一二年(一四四

     〇)受戒。浄花院の院主(『建内記』解題)。

「蔡壽」─未詳。無量寿院の下男の息子。

「論義」─問答により仏教の教義を解き明かすこと。

 

*前世における法華経などの功徳によって、動物が人間に転生するといった話は、説話

 集にもあります。今回の話もほぼ同じ内容ということになります。室町時代でも、こ

 うした転生譚は生きていたのですね。