周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

小田文書45

   四五 しやくしん名田譲状案

 

 永代ゆつりわたす名田事

  合垣内大町田ニあいたの者

 右件田ハ、かきの木下一反なわしろの町一反大まち田ニ一斗年貢のところを、こん大

   (永代)         (實)

 夫ニゑいたいゆつりわたすところしちなり、たゝし大みやのしんとねのとう、御ねん

 く六十歩のまゑを、先例ニまかせてさた申へく候ものなり、仍爲後日ゆつり状如

 件、

     (1375)

     應安八年卯乙七月廿四日

                 ありはん

     くしまのならはなのしやくしん

 

 「書き下し文」(可能な限り漢字仮名交じりにしました)

 永代譲り渡す名田の事

  合わせて垣内大町田にあいたのてへり

 右件の田は、柿の木下一反・苗代の町一反・大町田に一斗年貢のところを、こん大夫

 に永代譲り渡す所実なり、ただし大宮のしんとねのとう、御年貢六十歩の前を、先例

 に任せて沙汰申すべく候ふものなり、仍つて後日の爲譲状件のごとし、

 

 「解釈」

 永久に譲り渡す名田のこと。

  都合 垣内大町田にあいたの?

 右の田地は、柿の木の下一反・苗代の町一反・大町田のうち年貢を一斗納める所を、こん大夫に永久に譲り渡すことは事実である。ただし、大宮の新刀禰の頭役として御年貢を納入する六十歩の部分を、先例どおりにあなた(こん大夫)は勤め申し上げなければなりません。よって、将来の証拠のため譲状は以上のとおりです。

 

 「注釈」

「大宮」─未詳。久嶋郷内の大町にある八幡神社のことか。

「しやくしん」─五郎大夫しゃくしん。11・37・40・46号文書に現れます。

 

*46号文書と同日の譲状です。