読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

小田文書60

   六〇 久島郷除田差出案

 

   久嶋のそき之事

 一貫文         國正名之内八幡神田分

 一貫文         かねやす名之内大さい神田

                    ゆめんともに

 一貫文         國ゑた名之内東禅寺りやう

 一貫五百文       むねもり名之内ちおん寺りやう

 二貫五百文       しけ正名之内刀禰之きう分

 一貫文  さんしきう  國しけ名

 四百文         藤正名内山とうきう分

 四百文         大さわ名之内かひりやう

 百文          ゆめん御上様之御とうため

                     月に六日つゝ御ゆ

 

*書き下し文や解釈は省略します。

 

 「注釈」

八幡神田」─久島郷内の大町八幡神社か。20号文書から、放生会の費用として、一

       貫文が免除されたものと考えられます。

「大さい神田」─久島郷内の大歳神社か。20号文書から、十月初亥祭りの費用とし

        て、一貫文が免除されたものと考えられます。

東禅寺分湯免」─未詳。久島郷内か近隣の寺院でしょうか。あるいは、豊田郡本郷町

         南方にある真言宗御室派東禅寺(もと蟇沼寺)のことかもしれませ

         ん。湯免は、湯屋の運営費用として免除された金額だと考えられま

         す。

「ちおん寺」─20・61号文書より「慈恩寺」のことと考えられます。未詳。

「山とうきう」─木こりが持つ鉈を「山刀」と呼びます(『日本国語大辞典』)。2

        0・61号文書に「東山御城こしらゑ時之山とう給分」と出てくるの

        で、山を切り開いたり、木材を切り出すような労働に対して免除され

        た給分かもしれません。

「かいりやう」─61号文書より、厳島社の神馬の飼料のこと。

「御上様」─未詳。