読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

洞雲寺文書8

   八 大内義興書状

                    (興兼)

 御使僧殊 一柄十帖拜受祝着之至候、猶弘中々務丞可申候、恐惶謹言、

                    (朱印)  (朱印)

      十二月十二日         左京大夫義興(花押)

        (朱印)

    謹上 洞雲寺 衣鉢閣下

        ○朱印三ツ字面上ニアリ

 

 「書き下し文」

 御使僧殊に一柄十帖拜受祝着の至に候ふ、猶ほ弘中々務丞申すべく候ふ、恐惶謹言、

 

 「解釈」

 あなたの御使僧から特別に一柄十帖を拝受したことは、大きな喜びです。付け加えて、弘中興兼が申し上げるはずです。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

「御使僧」─未詳。衣鉢閣下の使僧。

「一柄十帖」─未詳。布でしょうか。

「弘中中務丞興兼」─大内氏の奉行人。3・4号文書参照。

「衣鉢閣下」─洞雲寺の訴訟担当者か。4・6・7号文書の「注釈」参照。