読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

洞雲寺文書14

   一四 友田興藤寄進状

 

                     (安芸佐西郡

 陽室妙陰大姉并智縁童子親子之爲茶湯免、佐方清末名之内下地貳段之事、末代

 奉附之訖、毎日可御廻向者也、仍寄進状如件、

    (1537)

    天文六年酉丁四月十四日      前上野介興藤(花押)

          (宗春)

   進上 洞雲寺天庵東堂 衣鉢閣下

 

 「書き下し文」

 陽室妙陰大姉并びに智縁童子親子の茶湯免として、佐方清末名の内下地貳段の事、末

 代之を寄附し奉り訖んぬ、毎日御廻向に預かるべき者なり、仍って寄進状件のごと

 し、

 

 「解釈」

 陽室妙陰大姉並びに智縁童子親子の茶湯免田として、佐方清末名の内の下地二段を、永久に洞雲寺へ寄付し申し上げました。毎日妙陰・智縁親子の冥福を祈って供養するべきものである。よって寄進状の内容は以上のとおりだ。

 

 

 「注釈」

「陽室妙陰大姉并智縁童子親子」─未詳。友田興藤の一族か。

「茶湯免」─当時、葬送や法要の際に、仏前・霊前に茶を供えていたそうです。この文

      書の場合、亡くなった妙陰・智縁の冥福を祈るために茶を供えたものと考

      えられます。その費用として清末名の二段の土地を年貢免除にし、年貢の

      収取権を洞雲寺に寄進したのでしょう。吉村亨「葬礼儀礼の茶俗」(『人

      間文化研究』京都学園大学人間文化学会紀要二五、二〇一〇・三、

http://ci.nii.ac.jp/els/110007730820.pdf?id=ART0009529994&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1479049631&cp=)など参照。

「佐方清末名」─廿日市市佐方字清末にあった名か。

「前上野介興藤」─友田興藤。もと厳島神主。

「洞雲寺天庵東堂衣鉢閣下」─洞雲寺住持、五世天菴宗春。東堂は住持を引退した僧を

              指します。したがって、この時すでに住持職は六世大休

              登懌に移っていたと考えられます。また、9号文書の注

              釈で、衣鉢閣下という役職は、住持へ出世する前に就く

              役職と述べましたが、住持を引退した僧が就くこともで

              きることがわかります。