周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

洞雲寺文書27

   二七 陶氏奉行人奉書

                                (陶)

 當御寺領在々所々事、任先御代々御判之旨、不相違之由晴賢領掌

 訖者、以此条永御執務可肝要、仍執達如件、

 

    (1552)                 (江良房栄)

    天文廿一年六月十八日           丹後守(花押)

  洞雲寺

     登懌和尚 侍衣閣下

 

 「書き下し文」

 當御寺領在々所々の事、先の御代々の御判の旨に任せ、相違有るべからざるの由晴賢

 領掌し訖んぬてへり、此の条を以って永く御執務肝要たるべし、仍って執達件のごと

 し、

 

 「解釈」

 洞雲寺領のあちこちのこと。前代の安堵状の内容のとおり、支配に相違あるはずもないことを、陶晴賢が了承したそうだ。この件によって永久に寺務を執り行うことが重要である。そこで、以上のように下達する。

 

 「注釈」

「丹後守」─江良房栄。

「登懌和尚」─洞雲寺住持、六世大休登懌。

「侍衣」─衣鉢侍者の略。「臨黄ネット用語解説」

     (http://www.rinnou.net/cont_01/words/words_sa.html)。