読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

拾いますか? 拾いませんか?

  文安四年(一四四七)三月六日条 (『建内記』8─14)

 

 六日、丁酉、雨降、「夜霽戌刻星二捕合、一者落下、一者入天不見云々、勘文可尋

  (中略)

 (斎藤有子)

 冷泉局参詣石山寺、於大門内拾銭十三文利生顕然、所願成就之先兆、祝着之由、

 翌日演説、

 

 「書き下し文」

 冷泉局石山寺に参詣す、大門内に於いて銭十三文を拾ひ利生顕然、所願成就の先兆、

 祝着の由、翌日演説す、

 

 「解釈」

 冷泉局が石山寺に参詣した。大門の内側で銭十三文を拾い、ご利益は明らかであった。願いが叶うことの予兆である。喜ばしいことである、と翌日冷泉局は私に話した。

 

 「注釈」

「冷泉局」─斎藤有子。時房の妾。

石山寺」─滋賀県大津市にある真言宗の寺。西国三十三所巡礼の札所。はじめ東大寺

      に属し、正倉院文書に造営関係の文書が多数残る。平安時代より紫式部

      参籠など公家・武家の参詣が盛んであった(『角川日本史辞典』)。

 

室町時代、お寺でお金を拾うというのは、吉兆だったようです。どこまで一般化でき

 るかはさておいて、こういう考え方があったこと、そして書き残されていたことに驚

 きます。翻って、現代ではどうなのでしょうか。また、神社の場合はどうなのでしょ

 うか。拾って帰ると、バチが当たりそうな気もするんですけど…。

 

*追加

 瀬田勝哉「神判と検断」(『日本の社会史』第5巻、岩波書店、1987)によると、中世では社寺参詣の行き帰りの路次で「拾い物」をすることが「嘉瑞」・「寿福之御利生」とされ、非常に喜ばれたそうです。