周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

洞雲寺文書33

   三三 毛利隆元書状

 

 於 厳嶋一千部讀誦之事存立候、然者導師之儀申入候、被其心得御執行

 所仰候、猶奉行共可貴意候、恐惶謹言、

 

     (永禄四年ヵ)(1561)

      八月十一日            隆元(花押)

      洞雲寺

          侍衣閣下

 

 「書き下し文」

 厳島に於いて一千部讀誦の事存じ立ち候ふ、然れば導師の儀申し入れ候ふ、其の心得

 を成され御執行を仰ぐ所に候ふ、猶ほ奉行ども貴意を得べく候ふ、恐惶謹言、

 

 「解釈」

 厳島社で千部の経典を読誦する法会を思い立ちました。だから、法会の導師の件をお願い申し上げます。それをご承知になり取り仕切りなさることをお願いします。なお奉行たちはあなた様のお考えを伺うはずです。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

「侍衣閣下」─衣鉢侍者の略。「臨黄ネット用語解説」(http://www.rinnou.net/cont_01/words/words_sa.html)。