周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

イカれた女

  文安四年(一四四七)五月一日条 (『建内記』8─122)

 

 一日、壬辰、晝雨、

  (中略)

 政所 (貞國)

 伊勢入道眞蓮許へ女房十六七歳ナルカ於庭徘徊、老若成畏怖、又狂人かと尋之、彼

         足利義教

 云、非物狂也、我ハ普廣院殿御使也ト云、其證如何ト問ケレハ、懐中ヨリ紙ニ褁タル

 文ノ躰ナル物ヲ取出て、これコソ」普廣院殿御書ヨト云之、披見スレハ紙ノ内ニ青キ

 草一アリ、不思議事也、仍可被始御祈祷之由有沙汰之由、伊勢入道被官人称之云々、

   観智院殿へ(義教本妻、裏松宗子)

 先日上御所へ普廣院殿御使とて参ける同人歟云々、

 

 「書き下し文」

 一日、壬辰、昼雨、

  (中略)

 政所伊勢入道眞蓮の許へ女房十六・七歳なるが庭に於いて徘徊す、老若畏怖を成す、

 又狂人かと之を尋ぬ、彼云く、物狂に非ざるなり、我は普廣院殿の御使なりと云ふ、

 其の證如何と問ひければ、懐中より紙に褁みたる文の躰なる物を取り出して、これこ

 そ普廣院殿の御書よと之を云ふ、披見すれば紙の内に青き草一つあり、不思議の事な

 り、仍って御祈祷を始めらるべきの由沙汰有るの由、伊勢入道被官人之を称すと

 云々、先日上御所へ(観智院殿へ)普廣院殿御使とて参りける同人かと云々、

 

 「解釈」

 政所伊勢入道眞蓮貞国のもとへ、女房で十六、七歳であるものが現れ、庭で徘徊していた。老いも若きも恐れた。その後、「発狂した人か」とこの女房に尋ねた。その女房が言うには、「発狂しているのではない。私は普廣院殿足利義教様のお使いである」と言った。その証拠はどうだと尋ねたところ、懐の中から紙に包んだ手紙のようなものを取り出して、「これこそが足利義教様の御手紙よ」と言った。開いて見ると紙の中に青い草が一つあった。不思議なことである。そこで、ご祈祷をお始めになるべきと処置したということを、伊勢貞国の被官人が口にしていたそうだ。先日、足利義教本妻の裏松宗子のもとへ、義教様のお使いとして参上した人物と同一人物であるか、と言う。

 

* またしても、足利義教関連のミステリアスな話です。今回は、頭のおかしな若い女

 が、庭をうろついているという話でした。たしかに、自邸の庭を見知らぬ女が徘徊し

 ていると怖いです。

  それにしても、明らかに怪しげな女に、「狂人か」と尋ねるところがおもしろいで

 す。「何をやっているんだ」「お前は誰だ」と言った尋ね方ではないようです。

  それに対して、イカれた女は「狂ってない」と答えます。そして、信じられないこ

 とに、亡き将軍足利義教のお使いだ、と主張します。義教のお告げでもあったのか、

 はっきりしませんが、間違いなく不審者です。

  次に、証拠はあるのかと尋ねたところ、気の狂れた女はこれぞ証とばかりに、懐か

 ら手紙を差し出します。それを開いてみると、紙の中に「青い草が一つ」…。

 おぉ〜、さっぱり意味がわかりません。青い草一つに、何らかのメッセージが込めら

 れているのでしょうか。それとも、あの世にいる足利義教の状況を、何か象徴してい

 るのでしょうか。その後、祈祷することが決定されているので、いずれにせよ、義教

 の魂はあまりよい状況にはないのでしょう。地獄に堕ちたのかもしれません。やは

 り、悪いことをしてはならないようです。