周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

山野井文書2

   二 大内政弘感状(切紙)

 

          (陶)

 其堺之儀馳走之由、弘護注進京着悦入候、弥無如在候者、可神妙候也、

 謹言、

      十月二日          政弘(花押)

         (重秀)

       能美若狭守殿

 

 「書き下し文」

 其れ堺の儀馳走の由、弘護の注進京着し悦び入り候ふ、弥々如在無く候はば、神妙た

 るべく候ふなり、謹言、

 

 「解釈」

 そもそも堺の件であなたが奔走したことについて、陶弘護からの報告が京に到着し嬉しく思っております。ますます手抜かりなく奔走してくれれば、感心なことです。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

「堺之儀」─未詳。

「陶弘護」─周防守護代

「能美若狭守」─六代重秀。