読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

山野井文書24

   二四 毛利氏奉行人書状

 

 (端裏捻封ウハ書ヵ)       (佐世)

 「               佐与三左

         (景重)

   ーー  能美源兵衛殿      元嘉」

   以上

 其方事、先度能美衆給地定之時、相煩候而不罷出候、今度罷下候間、以惣並

 給地可宛行候、殊水夫三人召連候、彼者共ニも惣水夫並を以給地可宛遣候、

  (圓知)

 猶南湘院可申候、恐々謹言、

    文禄貳年(1593)

      卯月廿二日        元嘉(花押)

 

 「書き下し文」

 其方の事、先度能美衆の給地を定むるの時、相煩ひ候ひて罷り出でず候ふ、今度罷り

 下り候ふ間、惣並を以って給地を充て行ふべく候ふ、殊に水夫三人召し連れ候ふ、彼

 の者共にも惣水夫並を以って給地を充て遣はすべく候ふ、猶南湘院申さるべく候ふ、

 恐々謹言、

 

 「解釈」

 そちらのことですが、先だって能美衆の給地を決めたとき、差し障りがありましてそちらに伺いませんでした。今度そちらに下向しますので、他の能美衆と同様に所領を給与するはずです。とくにあなた様は水夫三人を召し連れております。彼らにも他の水夫と同様に所領を給与するはずです。なお、詳細は南湘院が申し上げるはずです。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

「佐世元嘉」─広島城留守居役(『広島県史』近世1)。

「能美源兵衛」─十代景重。

「南湘院圓知」─未詳。