周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

山野井文書25

    二五 毛利氏奉行人連署打渡状

 

 藝州安南郡温科打渡事

    合

 一田數壹町貳段七畝畠共ニ

  分米拾石貳斗貳升代方共ニ

  屋敷貳ケ所

   (1597)           堅田元慶)

   慶長貳年三月廿三日       兵少(花押)

                 (二宮就辰)

                   信濃(花押)

                 (榎本元吉)

                   中務(花押)

                 (張元至)

                   六左(花押)

                 (佐世元嘉)

                   石見(花押)

            (景重)

          能見源兵衛殿

 

*書き下し文・解釈は省略します。

 

 「注釈」

「温科」─広島市東区温品。もと国衙領(『講座日本荘園史9 中国地方の荘園』)。

「分米」─斗代に面積を乗じて算出された貢租の米の高。銭で納入すると分銭(『古文

     書古記録語辞典』)。

「代方」─未詳。

「能美源兵衛」─十代景重。