読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

福王寺文書10

   一〇 備後権守長兼書状寫

 

                   (候脱)

 御巻数入見参候了、神妙之由所御気色也、恐々謹言、

      十二月十三日       備後権守長兼判

      福王寺別当御房 御返事

 

 「書き下し文」

 御巻数見参に入れ候ひ了んぬ、神妙の由御気色候ふ所なり、恐々謹言、

 

 「解釈」

 ご巻数をお目にかけました。感心なことであるとのご意向であります。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

「巻数」─「かんず」とも。経供養を依頼されて読誦した経巻の数を記した文書。経の名目、度数を記した文書を花枝につけて願主に送った(『古文書古記録語辞典』)。

「備後権守長兼」─未詳。

「福王寺別当御房」─未詳。

 

*書止文言は「恐々謹言」になっていますが、「御気色」とあるので、身分の高い人の

 意を、長兼が伝達した奉書なのだと思います。