読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

福王寺文書11

   一一 法眼郎舜奉書寫

 

 福王寺免田等事、御寄進之状進之候、此上者爲當寺御祈禱所、可

 年御巻数候也、仍執達如件、

    (1329)

    嘉暦四年八月廿八日       法眼郎舜奉判

    謹上 福王寺別當御房

 

 「書き下し文」

 福王寺免田等事、御寄進の状之を進らせ候ふ、此の上は当寺御祈祷所として、毎年巻

 数を進らせらるべく候ふなり、仍って執達件のごとし、

 

 「解釈」

 福王寺免田のことについて、寄進状を進上します。この上は当寺をご祈祷所として、我々に毎年御巻数を進上なさるべきです。よって、以上のことを通達します。

 

 「注釈」

「巻数」─「かんず」とも。経供養を依頼されて読誦した経巻の数を記した文書。経の

     名目、度数を記した文書を花枝につけて願主に送った(『古文書古記録語辞

     典』)。

「法眼郎舜」─未詳。

「福王寺別当御房」─未詳。