読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

福王寺文書13

   一三 武田信在安堵状寫

 

  安藝国可部庄福王寺院主職事

                 (智)

 右當寺院主職同寺領等、任弁律師禅知之例、一円寺務管領相違

 状如件、

    (1392)

    明徳三年六月一日        信在判

          (良海)

   福王寺別當侍従阿闍梨御房

 

 「書き下し文」

  安芸国可部庄福王寺院主職の事

 右当寺院主職同寺領等、弁律師禅智の例に任せ、一円に寺務を管領することに相違有

 るべからざるの状件のごとし、

 

 「解釈」

  安芸国可部庄福王寺院主職のこと。

 右の福王寺院主職と同寺領等は、弁律師禅智の先例のとおり、ことごとく寺務を取り扱うことに間違いがあるはずもない。内容は以上のとおりである。

 

 「注釈」

「院主職」─福王寺の住持職の名称か。

「禅智」─河内出身の僧。福王寺中興の祖。1号文書の解題参照。

「良海」─未詳。