周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

福王寺文書16

   一六 武田光誠氏信書状寫

 

 不動堂建立事尤可然候、仍爲彼寺領苻中之堤興行事、在所繪圖加

 見畢、不子細候、且當堂被取立候後、寄附状等者重可進候、先

 以此状御興隆候也、恐々謹言、

      正月十七日         光誠

                      判

      福王寺坊主

           御返事

 

 「書き下し文」

 不動堂建立の事尤も然るべく候ふ、仍って彼の寺領のため府中の堤興行の事を始め、

 在所の絵図一見を加へ畢んぬ、子細有るべからず候ふ、且つ当堂を取り立てられ候ふ

 後、寄附状等は重ねて進らすべくそうろうふ、先ず此の状を以って御興隆有るべく候

 ふなり、恐々謹言、

 

 「解釈」

 不動堂建立のことは、当然りっぱなことです。そこで、不動堂の寺領のため、府中の築堤を始め、在所の絵図を一見した。異論があるはずもないです。その上、当堂をご建立になりました後に、寄進状などは重ねて進上するつもりです。まずこの書状をもってご興隆になるべきです。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

「不動堂」─未詳。福王寺の堂舎か。

「府中の堤」─未詳。

「福王寺坊主」─未詳。