周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

福王寺文書20

   二〇 武田光誠氏信宛行状寫

 

           安北郡

 侍従阿闍梨良海申安藝国可部庄内福王寺別當職事、右就良海由緒申之間所

 宛行也、任先例沙汰之状如件、

    (1375)

    永和元年八月 日         判

  侍従阿闍梨御房

 

 「書き下し文」

 侍従阿闍梨良海申す安芸国可部庄内福王寺別当職の事、右良海の由緒に就き申さしむ

 るの間充て行ふ所なり、先例に任せ沙汰致すべきの状件のごとし、

 

 「解釈」

 侍従阿闍梨良海が申す安芸国可部庄内福王寺別当職のこと。右、良海が別当職を知行する根拠を申し上げたので、給与するところである。先例のとおりに領知すべきである。内容は以上のとおりである。

 

 「注釈」

「可部庄」─太田川の流域にあり、現在の広島市安佐北区可部町の西半分の地域を占め

      る。大治二年(一一二七)鳥羽院が可部庄百八石を高野山に寄進したこと

      により高野山領(西塔領)となった。明徳三年(一三九二)の高野山の寺

      領注文には「不知行」とあり、事実上の収納は行われなくなっている

      (『日本荘園史大辞典』)。

「良海」─福王寺住持。