周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

福王寺文書22 その3

   二二 安藝国金龜山福王寺縁起寫 その3

 

*本文に記載されている送り仮名・返り点は、もともと記載されているものをそのまま

 記しています。ただし、一部の旧字・異体字正字で記載しています。また、本文が

 長いので、いくつかのパーツに分けて紹介していきます。

 

 山絶–頂一–池、大–師相臨自撥藻–蘚、則清–華含天山–樹

 倒ニス、身–心凄–然トシテ煩–想金–色浮出

 延而三退、大–師感–見シテ金–龜山–号、本–尊

 福–智該–主之明–王ナルカ福–王–寺

  夫之爲ルヤ霊也、游コト三–千–歳ニシテ其域、安–平靜–正ニシテ

  動コト、壽蔽天地物變–化、四–時變色居而自匿シテ

  不、春蒼夏黄秋白冬、傳蓍生シテ満(寸)百–莖者下必

  有神–龜、其上常青–雲之、又曰

  獣無虎–狼草無毒螫焉、知之道於上–古利–害

  察禍–福、龜之神ナルコト也若此、豈ナル哉可敬歟、故

  藏シテ高庿神–寶焉、如之金–龜又不

  感也、

   つづく

 

 「書き下し文」

 山の絶頂に一池有り、大師相臨み自ら藻や苔を撥ふ、則ち清華天を含み山樹影を倒に

 す、身心凄然として煩想を疏くべき時に忽ち金色の亀有りて浮き出づ、頸を延ばして

 三たび前み三たび退く、大師感見して金亀を以て山号と為す、本尊福智該主の明王

 るが故に福王寺と云ふ、

  夫れ亀の霊たるや、游すること三千歳にして其の域を出でず、安平静正にして動く

  こと力を用ひず、寿天地を蔽ひ、物と與に変化す、四時に色を変じ居りて自ら匿

  れ、伏して食はず、春は蒼く夏は黄に、秋は白く、冬は黒し、伝に曰く蓍生じて百

  茎に満たす者は下に必ず神亀有りて之を守る、其の上に常に青雲有りて之を覆ふ、

  又曰く亀の生ずる所、獣に虎狼無く、草に毒螫無し、天の道を知ること上古に明ら

  かなり、利害を知り禍福を察す、亀の神なることや此くのごとし、豈に偉なるや敬

  はざるべし、故に高庿に蔵して以て神宝と為す、今の金亀のごとき又測るべからざ

  るの感なり、

   つづく

 

 「解釈」

 山の頂上に一つの池がある。大師はそこに臨み、自ら藻や苔を取り除いた。すると、清らかな花々が天を覆い、山の木々がその姿を逆さまにした。心身は冷え冷えとして世事の煩わしい思いを除くことができたときに、すぐに金色の亀が現れ浮き出てきた。首を伸ばして三歩前進し三歩後退した。弘法大師は感動しながら見て、この金色の亀を理由に、金亀山を山号とした。本尊は福行と智行の功徳を併せ持つ不動明王であるがゆえに、福王寺と言う。

  そもそも亀のはかりしれない不思議な力とは、三千年のあいだ泳ぎ続け、その生存区域を出ることはない。動くことに力を使わない。その長寿は天地の長さを超え、物とともに変化する。四季ごとに体の色が変わり、自分からその身を隠し、隠れ潜んでいるあいだは物を食べることはない。春は青く、夏は黄色、秋は白く、冬は黒色になる。古い書物には、メドギが成長して百本の茎になったとき、その下には必ず霊妙なる亀がいてこれを守り、その上には常に青い雲があってこれを覆っているという。また、亀が暮らしているところには、虎や狼のような猛獣はおらず、草むらには毒虫もいない。亀が天の道を知っていることは、遠い昔から明らかなことだ。利害を知り、不幸や幸福を感じ取ることもできる。亀の霊妙なことは、このようなものである。亀の優れていることは、どうして敬わないことがあろうか、いや敬うべきである。だから、立派な祠にしまい、神聖な宝物としているのだ。この金色の亀のようなものは、やはり人知では測りきれない力があると感じる。

   つづく

 

 「注釈」

*この部分は、「亀策列伝」(『史記』巻一二八)を参考に書かれたものと考えられま

 す。この縁起を作成したのは「寛雅」という僧侶と考えられます。彼がどこで修行を

 し、その知識を身につけたのかはよくわかりませんが、室町時代安芸国真言寺院

 に、『史記』の知識をもっていた僧侶がいたことは、これではっきりします。以下、

 参考までに「亀策列伝」における類似文章を記しておきます。なお、文章・書き下し

 文・解釈は、『新釈漢文大系』一一五(明治書院、二〇一三)を引用しました。

 

①「夫龜之爲霊也」以降─『新釈漢文大系』一一五、三一九頁。

 [本文]

 游三千歳、不其域。安平靜正、動不力。壽蔽天地、莫其極。與物變化、四時變色。居而自匿、伏而不食、春蒼夏黄、秋白冬黑。

 [書き下し文]

 游すること三千歳、其の域を出でず。安平靜正(あんぺいせいせい)にして、動くに力を用ひず。壽、天地を蔽(おほ)ひ、其の極を知るもの無し。物と與(とも)に變化し、四時(しじ)に色を變ず。居りて自(みづか)ら匿れ、伏して食らはず、春は倉(あを)く夏は黄に、秋は白く冬は黑し。

 [現代語訳]

 三千年の間、遊歴して、その生存区域を出ることがありません。心は平静で正しく、動き回っても力を使いません。その寿命は天地をも超え、きわまるところを知りません。万物とともに変化し、四季ごとに体の色が変わります。ふだんは自分からその身を隠し、隠れ潜んでいる間は、物を食べません。春は青く夏は黄色、秋は白く冬は黒色になります。

 

②「傳曰」以降─『新釈漢文大系』一一五、三〇四頁。

 [本文]

 聞蓍生満百莖者、其下必有神龜之、其上常有青雲之。

 [書き下し文]

 聞く、蓍(し)生(しやう)じて百莖(ひやくけい)に満つる者は、其の下(しも)に必ず神龜(しんき)有りて之を守り、其の上(かみ)に常に青雲有りて之を覆ふと。

 [現代語訳]

 聞くところでは、メドギは成長して百本の茎になった時、その下にはきっとこれを守る霊妙なる亀がおり、その上には常にこれを覆う青い雲があるという。

 

③「又曰」以降─『新釈漢文大系』一一五、三〇〇頁。

 [本文]

 又其所生、獣無虎狼、草無毒螫

 [書き下し文]

 又其の生ずる所、獣に虎狼無く、草に毒螫(どくせき)無し。

 [現代語訳]

 またメドギの生えている所には、虎や狼などの猛獣はおらず、毒虫のいる草はないとのことであった。

 

 *『縁起』では「龜所生」となっていますが、『史記』では「其所生」となってお

  り、かつ「其」の指示先は「蓍」(メドギ)です。つまり『縁起』作者寛雅は、間

  違えて引用したか、あるいは「亀」で文章を作り変えたのかもしません。