周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

須佐神社文書 参考史料1の5

  小童祗園社由来拾遺伝 その5

 

*改行箇所は 」 を使って示しておきます。また、一部異体字常用漢字に改めたと

 ころがあります。書き下し文についても、私の解釈に基づいて、原文表記を変更した

 箇所があります。

 

  于茲当山に金牛正銀と云者あり」十方勤化して宝殿を修理し」奉り、正中に牛頭て

  ん王、東に君達」八幡比叡権現と祝り奉る中に」一丁若の御眷属を合せ祭奉る。」

  毎年九月九日御供献上之時ハ先ツかミ」米と名付て清し、初ニ正米ニ而備、又」其

  次ニ未飯に調ハぬ内に、すくいまん」まと名付て粥のことくなるを備ふ、」其後能

  調て後諸神一列に備へ奉る」古実あり、御幼君故歟如何其訳」今ハ知る人無し、又

  人魚と名付て」ちかやに少しの幣を付て惣社人」頂戴して注連に結籠祝ることあ

  り、」蘇民将来に伝へ玉ふ遺風歟分り」がたし、又ハ明神伊勢稲荷の合殿」壱社其

  外御手洗水神後に山田」さまの祠あり山の神と云、其奥ニ」閼伽の池あり、又愛宕

  権現并に」御山天狗の祠あり、夫より山の」絶頂に竜王の祠あり、又広く村」内に

  七座別末社有、太歳・稲荷・」大明神・武答天神即蘇民将来を」祝流、天満天神・

  高山天神・妙見」大菩薩・春日谷八幡・広石山王権現、」潮谷八王子とて本地千手

  観音、」国狭槌尊水の祖神也、右のごとく」牛頭天王御所縁の御神かずく」有らせ

  玉ふ、此人を当山本願神宮寺」開基と申伝ふ、是又時代知れず」時の人牛頭天王

  再来といふ、」今疫之神の社といふは是なり、」此旧き宮跡は竹林行実の間に」あ

  り、古来より御除地にて今に」当寺の抱所なり、十方勤化の時之」笈并に身正躰の

  木像社内に」残れり、人王四拾九代」光仁天皇の御宇宝亀五甲寅四月」大いに疫病

  はやり殃亡にあるもの」勝て数へかたし、時に小童の姿に」現し馬に乗りて託して

                                    あおぐ

  の玉ハく、」吾ハ是蛇毒気神本地妙見菩薩也」此里ハ牛頭天王の霊地なり、仰もの

  ハ」ゑやみ速に⬜︎⬜︎すへしと諭して」此亀甲山に入り給ふて後、其小童」去り玉

  ふ方を知る人なし、同年六月」十四日本矢野より幡・笛・大鼓・鉦等」打囃し、神

  を諌めしよりして、名遠」近に聞え駈疫月々に験あり、夫より」追々十方崇敬し国

  家鎮護と」奉仰、古きを尋、彼のとうの宮」神幸を成し奉る、然れとも余り」遠

  く便りあしくとて、今ハ武答山へ」神幸為成奉る、往昔妙見大菩薩」出現の美地に

  て、殊に牛頭天王の」御幸の宮井なれハ、武答天神山と」いふ、本名ハ亀山と云、

  また馬の」出し所馬出しといふ、其名今ニ」残れり、また其馬の餝と申伝へて」鈴

  弐つ社内に残れり、且又御託宣」の内のすかた拝み奉るに、小サひちご」なりと時

  の人思へり、依而上下略して」ひちくと唱しとなん、

   つづく

 

 「書き下し文」

  茲に当山に金牛正銀と云ふ者あり、十方勤化して宝殿を修理し奉り、正中に牛頭天

  王、東に公達・八幡・比叡権現と祭り奉る中に、一丁若の御眷属を合わせ祭り奉

  る。毎年九月九日御供献上の時は先づ神米と名付けて清し、初めに正米にて備へ、

  又其の次に未だ飯に調はぬ内に、すくいまんまと名付けて粥のごとくなるを備ふ、

  其の後能く調へて後、諸神一列に備へ奉る故実あり、御幼君たる故か如何、其の訳

  今は知る人無し、又人魚と名付けて茅萱に少しの幣を付けて惣社人頂戴して注連に

  結ひ籠め祭ることあり、蘇民将来に伝へ給ふ遺風か分かり難し、又は明神・伊勢・

  稲荷の相殿一社、其の外御手洗水神の後ろに山田様の祠あり、山の神と云ふ、其の

  奥に閼伽の池あり、又愛宕権現并に御山天狗の祠あり、夫れより山の絶頂に竜王

  祠あり、又広く村内に七座の別の末社有り、太歳・稲荷・大明神・武塔天神即ち蘇

  民将来を祭る、天満天神・高山天神・妙見大菩薩・春日谷八幡、広石山王権現、潮

  谷八王子とて本地千手観音、国狭槌尊は水の祖神なり、右のごとく牛頭天王御所縁

  の御神数々有らせ給ふ、此の人を当山本願神宮寺開基と申し伝ふ、是れ又時代知れ

  ず、時の人牛頭天王の再来と云ふ、今疫の神の社といふは是れなり、此の旧き宮跡

  は竹森行実の間に有り、古来より御除地にて今に当寺の抱所なり、十方勤化の時の

  笈并に身正躰の木像は社内に残れり、人王四十九代光仁天皇の御宇宝亀五甲寅(七

  七四)四月大いに疫病流行り、殃亡にあるもの勝げて数へ難し、時に小童の姿に現

  じ馬に乗りて託して宣はく、吾は是れ邪毒気神、本地妙見菩薩なり、此の里は牛頭

  天王の霊地なり、仰ぐものは疫病速やかに⬜︎⬜︎すべしと諭して、此の亀甲山に入

  り給ふて後、其の小童去り給ふ方を知る人無し、同年六月十四日本矢野より幡・

  笛・大鼓・鉦等を打ち囃し、神を諌めしよりして、名遠近に聞こえ駈け、疫月々に

  験あり、夫れより追々十方崇敬し国家鎮護と仰せ奉る、古きを尋ぬるに、彼の塔の

  宮へ神幸を成し奉る、然れども余りに遠く便り悪しくとて、今は武塔山へ神幸を成

  し奉る、往昔妙見大菩薩出現の美地にて、殊に牛頭天王の御幸の宮居なれば、武塔

  天神山と云ふ、本名は亀山と云ふ、また馬の出だし所を馬出しと云ふ、其の名今に

  残れり、又其の馬の飾りと申し伝へて、鈴二つ社内に残れり、且つ又御託宣の内の

  姿拝み奉るに、小さひ稚児なりと時の人思へり、依りて、上下略してひちひちと唱

  えしとなん、

   つづく

 

 「解釈」

 ここに当亀甲山に金牛正銀というものがいた。あらゆる場所で勧進して社殿を修理し申し上げた。中央に牛頭天王、東に公達・八幡・比叡権現を祭り申し上げる中に、多くの御眷属を合わせ祭り申し上げている。毎年九月九日にお供えを献上するとき、まず噛み米と名付けてそれを清め、最初は生米のままで供え、またその次に飯として炊き上がらないうちに、「すくいまんま」と名付けて粥のようなものを供える。その後よく炊いた飯を諸神一列に供え申し上げる故実がある。お粥をお供えするのは、幼い神であるからだろうか。その訳を今は知る人がいない。また人魚と名付けられた、茅萱に少しの幣を付けたものをすべての社人が頂戴して、注連縄に結び籠めて祭ることがある。蘇民将来にお伝えになった慣習かはわからない。または明神・伊勢・稲荷の相殿一社、その他に弥都波能売明神の社の後ろに山田様の祠がある。山の神という。その奥に仏様に水を供えるための池がある。また愛宕権現と御山の天狗の祠がある。そこから山の頂上に龍王の祠がある。また広く村内に七座の別の末社がある。大歳神・稲荷・大明神・武塔天神つまり蘇民将来を祭っている。天満天神・高山天神・妙見大菩薩・春日井谷八幡・広石山王権現、塩貝谷八王子といって本地千手観音、国狭槌尊は水神である。牛頭天王とご縁のある神々が数々いらっしゃる。この金牛正銀という人を当山の本願神宮寺開基と申し伝えている。このことはまた時代がわからない。その当時の人は牛頭天王の再来という。いま疫神の社というのはこのことである。この古い社の跡は、竹林のあいだにある。昔から税の免除地で、今は当神宮寺の所有地である。あらゆる場所で勧進をしたときの笈や御神体の木像は、社内に残っている。人王四十九代光仁天皇の御代、宝亀五年甲寅(七七四)四月、大いに疫病が流行り、祟りによって亡くなったものは数えきれなかった。その時に幼い子どもの姿で出現し、馬に乗って託宣するには、「私は邪毒気神、本地は妙見菩薩である。この里は牛頭天王の霊地である。崇敬するものは、疫病が速やかに治癒するはずだ」と諭して、この亀甲山にお入りになった後、その幼子が立ち去りなさった方向を知る人はいない。同年六月十四日、本矢野から幡・笛・大鼓・鉦等を打ち囃し、神を諌めたことから、その評判はあちこちに聞こえ駈けめぐり、疫病に対して毎月ご利益があった。それから次第にあらゆる場所で崇敬され、国家鎮護の神として仰がれた。古い言い伝えを調べてみるとと、この塔の宮へ渡御をなし申し上げていた。しかしあまりに遠く不便であるといって、今は武塔山へ渡御をなし申し上げている。遠い昔に妙見大菩薩が出現した霊地で、とくに牛頭天王の渡御の御旅所であるので武塔天神山という。本当の名は亀山という。また馬の出しどころを馬出しという。その名は今に残っている。またその馬の飾りと申し伝える鈴二つが社内に残っている。さらにまたご託宣に記されたお姿を拝み申し上げるので、神の姿を「小さサひちご」(小さい子ども)である、と当時の人々は思った。だから、この「小さサひちご」という言葉の上下を略して、「ひちひち」と唱えたそうだ。

   つづく

 

 「注釈」

「かみ米」─「小童祇園社祭式歳中行事定書 その7」に「噛米」とある。

「御手洗水神」─弥都波能売明神のことか。

「為成奉」─「為成」で「なす」と読ませていると考えられます。

「一丁若」─未詳。「たくさん・多く」という意味か。

「高山天神」─菅原神社。甲奴町小童字高山(『甲奴町誌』1994)。推定地は下記の地

       図を記しておきましたが、現地を訪ねてみても発見することはできませ

       んでした。現地の方にお話を聞くと、以前にはたしかにこの小高い山に

       あったそうですが、現在は荒れ果てて登ることができません。

「春日谷八幡」─春日井八幡神社。甲奴町小童四一九八。

「広石山王権現」─山王神社。甲奴町小童四五八。

「潮谷八王子」─塩貝谷八王子神社。甲奴町小童四七二三。

「本願」─社寺の造営管理に関わる機関(宮家準「熊野修験と比丘尼─本願所を中心

     に」『修験道─その伝播と定着─』法蔵館、二〇一二)。

「竹森行実」─「竹森」は小童保の「武守・武森名」、「行実」も「行実名」に由来す

       る地名。位置は「武守」が北で、「行実」がすぐ南。いずれも、須佐神

       社そばの「宮部」と「桂正寺」集落にある(『甲奴町誌』1994、参

       照)。

 

 

末社の地図

f:id:syurihanndoku:20170723195420j:plain

 

山王神社

f:id:syurihanndoku:20170723195550j:plain

f:id:syurihanndoku:20170723195601j:plain

 

春日井八幡神社

f:id:syurihanndoku:20170723195747j:plain

f:id:syurihanndoku:20170723195758j:plain

f:id:syurihanndoku:20170723195808j:plain

 

塩貝八王子神社

f:id:syurihanndoku:20170723200007j:plain

f:id:syurihanndoku:20170723200020j:plain

f:id:syurihanndoku:20170723200035j:plain

 

 

*今回の記事には、小童の由来が書いてあります。宝亀五年(七七四)四月、疫病が流行したときに、蛇毒鬼神、本地妙見菩薩と名乗る尊い存在が、小さな子どもの姿で現れたのです。そして、幼子では口にするはずもない神仏の名を口走り、疫病を治すと託宣し、そのまま姿を消してしまいます。神仏の姿を見たことのない民衆は、このあり得ない出来事を信じたわけです。昔の人々は、きっと現代人以上に音声情報を重視していたのでしょう。この点、状況判断をするうえで視覚に囚われすぎ、聴覚を軽んじる現代人との違いを感じます。

 「小さひちご」。前後を略して「ひち」。近世人の考えそうな安易な発想で、笑い飛ばして終わりそうな話ですが、一方でこの「小童」信仰は、現在まで脈々と続いています。小童には「わらべ」という有名なお蕎麦屋さんがあります。『ミシュラン広島』の掲載店なので、たしかにお蕎麦は美味しいのですが、特筆すべきはこちらのお店、「座敷わらし」がお住まいなのだそうです。ネット上でも有名で、遠方から来店(お参り?)する方も多いそうです。私はそんなことも知らずに立ち寄り、女将のご好意でお参りもさせていただきました。これもフィールドワークの賜物です。かつて、「小童」(幼子)の姿で顕現した蛇毒鬼神・妙見菩薩は、現在「座敷わらし」として信仰され続けているということになりそうです。「座敷わらし」と言えば、岩手県遠野の専売特許かと思っていたのですが、広島の山間村落にもいらっしゃったのです。小童というのは、なんとも興味深い場所です。

 

f:id:syurihanndoku:20170719133343j:plain