周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

土井泉神社文書4(完)

   四 毛利氏奉行人連署請取状

 

       請取銀子之事

 社領辻  壹石九斗七升打渡無之、

   右之銀合 貳分壹リン七毛

        内貳輪  筆功

 右之前爲御礼請取所如件、

    (文禄)              (元武)

     文五 三月十二日      國司備後守(花押)

                     (周澄)

                   少 林 寺(花押)

                     (元宗)

                   山田吉兵衛(花押)

       飯室祝師

          神右衛門尉殿

 

 「書き下し文」

       請け取る銀子のこと、

 社領の辻 一石九斗七升、打渡之無し、

   右の銀合わせて 二分一厘七毛、

           内二厘  筆功、

 右の前御礼として請け取る所件のごとし、

    (1596)

     文五 三月十二日      國司備後守(花押)

   (以下略)

 

 「解釈」

       受け取った銀子のこと。

 社領の合計は、一石九斗七升。まだ引き渡しはない。

   右の銀。合計二分一厘七毛。そのうち二厘は筆功である。

 右の銀子は、お礼として請け取るものである。

 

 「注釈」

「筆功」─習字に熟達すること。また、その人。「筆耕」のことであれば、写字によっ

     て報酬を受けること。また、その人(いずれも『日本国語大辞典』)。どち

     らにせよ、どのような「功」なのか、よくわかりません。社領に関する権利

     文書を書いてもらった礼銭のようなものかもしれません。

「打渡」─引き渡すことか(『日本国語大辞典』)。