周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

異形の捨て子と連続する怪異 (Abandoned malformed child and weird phenomenon)

  宝徳二年(一四五〇)八月九日条 (『康富記』3─196頁)

 

 九日庚辰 晴、

  (中略)

 給事中令語給云、去月廿三日七條西洞院邊棄兒、人見及分馬之形也云々、依之賀三品

 在貞卿尋問先蹤之間、披見諸道勘文、注出先例一通遣之云々、草案拜見了、仁徳天皇

 御宇、仁明天皇御宇、醍醐天皇御宇昌泰二年、寛仁年中、大治年中、永万元年、治承

 三年等有例、

 晩又令語給云、去月一日、つくし周防長門両国以外大風吹、両国中大木民屋城郭等一

 不全、希代事也、不劣永祚風歟云々、不思議也、又去月十六日、越中國有奇異事、牛

 嶽ト云所ヨリ有光物、雲中有鬼形、指艮方(割書)「越後ニアタル、」飛行、其路跡

 草木山河人屋悉以枯渇、作毛無一粒、不知幾十里云々、希代事也、隨而去月廿三日京

 中有産異兒之者、妖孽之奇異不可説、又今月五日夜、東方有流星、(割書)「長五六

 丈云々、」言語道断、彼異兒、先々色々不思議體也、或二面四手之者アリ、或無面貌

 者アリ、或両頭一身之者アリ、又胸以上人形ニテ腹以下馬手足之者アリ、或如鬼之者

 アリ、或男兒ト馬ト二物を一度ニ産ルモアリト云々、

  (後略)

 

 「書き下し文」

 給事中語らしめ給ひて云く、去月二十三日七條西洞院辺りに棄て兒あり、人見及ぶ分馬の形なりと云々、之に依り賀三品在貞卿先蹤を問ふの間、諸道の勘文を披見し、先例一通を注し出だし之を遣はすと云々、草案を拜見し了んぬ、仁徳天皇御宇、仁明天皇御宇、醍醐天皇御宇昌泰二年、寛仁年中、大治年中、永万元年、治承三年等例有り、

 晩又語らしめ給ひて云く、去月一日、つくし、周防長門両国以ての外大風吹く、両国大木民屋城郭等一つとして全うならず、希代の事なり、永祚の風に劣らざるかと云々、不思議なり、又去月十六日、越中国に奇異の事有り、牛嶽と云ふ所より光る物有り、雲中に鬼形有り、艮方「越後に当たる」を指して飛行す、其の路の跡の草木山河人屋悉く以て枯渇し、作毛一粒も無し、幾十里を知らずと云々、希代の事なり、隨つて去月二十三日京中異兒を産むの者有り、妖孽の奇異不可説、又今月五日夜、東方流星有り、「長さ五、六丈と云々」言語道断、彼の異兒、先々色々不思議の體なり、或いは二面四手の者あり、或いは面貌無き者あり、或いは両頭一身の者あり、又胸以上人の形にて腹以下馬の手足の者あり、或いは鬼のごとき者あり、或いは男兒と馬と二物を一度に産まるもありと云々、

 

 「解釈」

 清原業忠がお話しになって言うには、「先月二十三日に七条西洞院辺りで捨て子があった。人が見たところでは馬のような姿であったそうだ。これによって、賀茂三位在貞卿が先例を尋ねたので、諸道勘文を披見し、先例一通を差し出して遣わした」といった。賀茂在貞の草案を拝見した。仁徳天皇の御代、仁明天皇の御代、醍醐天皇の御代昌泰二年(899)、寛仁年中、大治年中、永万元年(1165)、治承三年(1179)等に先例があった。

 清原業忠が夕方になってまたお話になるには、「先月七月一日、筑紫国や周防・長門の両国でとんでもない大風が吹いた。周防・長門の両国では、大木や家屋、城郭など、一つとして無事なものはなかった。世にも稀なことである。永祚元年(989)に近畿地方を襲った台風にも劣っていないのではないか」という。思いもよらないことである。また先月十六日、越中国で奇妙なことがあった。牛嶽という所から光る物が現れた。雲の中に鬼のような形が現れた。北東の越後方面を指して、光る物は飛んで行った。その道の跡の草木や山河、家屋はすべて破壊され、作毛は一粒もない。その被害は何十里ほどかわからないそうだ。世にも稀なことである。その結果、先月二十三日に都の中で奇形の子どもを産んだものが現れた。不吉な前兆を示す奇怪な出来事は理解しがたい。さらに今月八月五日夜、東方に流星が現れた。長さは五、六丈だそうだ。とんでもないことだ。この奇形の子どもは、ともかくいろいろと不思議な容貌である。ある子どもは顔が二つで手が四本である。あるいは顔がない子どもがいる。あるいは頭が二つで体は一つの子どもがいる。また胸より上は人の姿で、腹より下が馬の手足の子どももいる。あるいは鬼のような子どもがいる。あるいは、男児と馬の双子を一度に産んだものもいるそうだ。

 

 Kiyohara Naritada spoke as follows. There was an abandoned child around Shichijo Nishinotouin district on the 23rd of last month. Some say that the child was a horse-like figure. Kamo akisada asked me if there was such an incident in the past, so I searched for one and told him.

 Kiyohara Naritada came to the evening and talked to me again. On July 1st, The wind blew hard in Tsukushi prefecture (Fukuoka prefecture) and Suou Nagato prefecture (Yamaguchi prefecture). In Suou and Nagato prefectures, large trees, houses and castles were all broken. It is a very rare event. It is not inferior to the typhoon that hit the Kinki region in 989. It is unbelievable. Also on the 16th of July, there was a strange thing in Ecchu province. A shining object appeared from a place called Ushigatake mountain. A form like a demon appeared in the clouds. Glowing objects flew toward Echigo prefecture in the northeast. The plants, mountains, rivers, houses and crops were all destroyed. It seems that I do not know how big the damage is. It is a very rare event. As a result, those who gave birth to malformed children appeared in the capital on July 23rd. It is difficult to understand bizarre events that show sinister omens. In addition, a meteor appeared to the east on the evening of the fifth of August. The length is 15-18 meters. It's a bad thing. These malformed children have strange appearances. One child has two faces and four hands. One child has no face. One child has two heads and one body. Another child is a human in the upper body and a horse in the lower body. Another child is like a demon. And there are women who gave birth to a boy and a horse twin.

 

 

 「注釈」

「給事中」─少納言清原業忠。

「諸道勘文」─大学寮や陰陽寮などの博士が調べて上申した文書。

「牛嶽」─富山県南砺市

「不可説」─「ふかせち」。理解しがたいこと、けしからぬこと(「建武の新政の法」

      『中世政治社会思想』下、P91)。

 

*悪いことは続くと言いますが、不思議なことも続くのでしょうか。まず、七月一日に福岡県と山口県で、台風による甚大な被害が出てしまいます。そして、同月十六日には富山県の牛嶽から光る物体が現れ、数十キロにわたってあらゆるものをなぎ倒していきました。その結果、二十三日に奇形の子どもが都に捨てられたのです。さらに、八月五日には流星が出現します。

 現代人ならば、台風は気象現象、光る物体は物理現象(怪奇現象?)、奇形児の出産は生理現象、流星は天体現象に分類し、相互に関係性を認めるようなことはありません。ですが、中世人はこれらを一括して、理解できない不吉な現象と捉えています。そして、理解できないにもかかわらず、そこに因果関係を見出しています。解釈をしていてドキッとしたのですが、光る物体の飛行現象と奇形児の出産を、「隨而」という接続詞で結びつけているのです。解釈は間違っていないと思うのですが、「先行する二つの現象があった。だから、奇形児が生まれた」という文脈なのです。これが当時の人々の考え方なのでしょう。当たり前のことかもしれませんが、同じ現象を見ても、それに対する解釈・意味づけは、現代人と中世人では大きく異なります。見るという行為には、大きなバイアスがかかっているようです。中世人のものの見方が、もっとわかるようになりたいものです。

 さて、奇形児の捨て子は不思議な現象の結果であるとともに、さらなる不吉な出来事の前兆でもあったようです。大喜直彦「子どもと神仏─捨子、境界の子─」(『中世びとの信仰社会史』法蔵館、2011)によると、中世の「異児」は、「災いをおこす、何か得体の知れない者と認識されてい」たようです。だから、「異児を捨てるのは、異児の力を避けるためであったよう」です。また、捨て子はそのまま死ぬか、牛馬に踏まれるか、鳥獣の餌食になることが自然だったそうです。街中に嬰児の死体が転がっているかと思うと、ゾッとします。このあたりの感覚も、現代人とはずいぶん違うようです。

 

 It is said that bad things will continue, but strange things will also continue. First of all, a huge typhoon will cause huge damage in Fukuoka Prefecture and Yamaguchi Prefecture on the 1st of July. Then, on July 16, a shining object appeared from Mt. Ushigatake in Toyama Prefecture, and it overthrew everything for tens of kilometers. As a result, on July 23rd, a malformed child was abandoned in the capital. In addition, a meteor appeared on August 5.

 Modern people classify typhoon as a meteorological phenomenon, a luminous object as a physical phenomenon (a weird phenomenon?), a birth of a malformed child as a physiological phenomenon, a meteor as an astronomical phenomenon, and does not recognize a causal relationship between them. However, the medieval people collectively recognized these as sinister phenomena that they could not understand. And although they can not understand, they found a causal relationship there. Astonishingly, they connect the appearance of a glowing object with the birth of a malformed child by the conjunction "because". This is probably the way of thinking of people at that time. It may be natural, but even if we look at the same phenomenon, the interpretation for it is very different between modern and medieval people. The act of seeing seems to be quite biased by customs and culture.

 By the way, it seems that the emergence of the malformed child was a result of a strange phenomenon, and also a precursor of a more sinister event. According to the research of Ohgi Naohiko, it seems that the malformed child in the Middle Ages was considered to be a mysterious human who causes calamity. So, it seems that to discard the malformed child was to avoid that power. It is also natural that abandoned children die, be stepped by cows and horses, and be eaten by birds and beasts. Children's corpses were neglected in the city. I feel this situation very scary, but how did the medieval people feel?

(I used Google Translate.)

 

 

*参考史料

  宝徳二年(一四五〇)七月十六日条 (『康富記』3─189頁)

 

越中國奇異事、

 十六日戊午 晴陰、後日人々語説、今日於越中國有不思議、大風大雨之中、

 ウシガタケ

 牛嶽ト云所ヨリ光物出、(割書)「其體雲中鬼形有之、」指艮飛行、

 其間十里許也、(割書)「山河草木悉損失云々、」

  (後略)

 

 「書き下し文」

 (傍注)「越中国奇異事、」十六日戊午 晴れ陰る、後日人々語り説く、今日越中国

 に於いて不思議有り、大風大雨の中、牛嶽と云ふ所より光る物出づ、(割書)「其の

 體雲中に鬼の形之有り、」艮を指して飛行す、其の間十里ばかりなり、(割書)「山

 河草木悉く損失すと云々、」

 

 「解釈」

 越中国で起きた奇怪な出来事のこと。十六日戊午、晴れてから曇った。後日、人々が語ったことには「今日越中国で不思議なことがあった。大風と大雨のなか、牛嶽というところから光る物が出現した。その姿は雲の中で鬼のような形に見えた。北東を指して飛んで行った。その距離は十里ほどで、山河草木はすべて破壊されたそうだ。