周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

吉田郷土資料館所蔵文書(完)

解題

 本文書は吉川元春の書状である。さまざまな所有者を経て、当館に所蔵される事になったものである。

 

 

   一 吉川元春書状(折紙)

   返々以書中申上候条、上へ御方御持参候て、趣可仰上候く、付而御油候、

         (毛利)

 宇山申分之儀、自元康此被申越候、趣者書中ニ相見之候、何と申候

 而茂事破候てハ不然候条、先早々御撿使被差上、以其上互之意趣

 被 聞召候ハてハと存事候、御方最前之都合御存知之儀候間、有御披露

 兎角頓御撿使肝要候、恐々謹言、

                   駿河

      十一月廿一日         元春(花押)

      (就親ヵ)

    庄原兵部丞殿

          御宿所

 

 「書き下し文」

 宇山申し分の儀、元康より此くのごとく申し越され候ふ、趣は書中に之相見え候ふ、

 何と申し候ひても事破れ候ひては然るべからず候ふ条、先ず早々に御検使差し上げら

 れ、其の上互ひの意趣を以て、聞こし召され候はてはと存ずる事に候ふ、御方最前の

 都合御存知の儀候ふ間、御披露有り、兎角頓て御検使肝要に候ふ、恐々謹言、

   返す返す書中を以て申し上げ候ふ条、上へ御方御持参候ひて、趣仰せ上げらるべ

   く候ふべく候ふ、付して御油断有るべからず、

 

 

 「解釈」

 宇山の訴えの件について、毛利元康からこのように取り次がれました。その内容は書面に見えています。何と申し上げましても、この件が破綻しましてはよくありません。まずは早々に御検使を差し上げられ、そのうえでお互いの主張を輝元様がお聞きにならなくては、と存じております。あなた様の最新の事情を輝元様もご存知ですので、ご披露ください。いずれにせよすぐに御検使を差し上げることが肝要です。以上、謹んで申し上げます。

   くれぐれも書面をもって申し上げます件は、輝元様へあなた様自身が書面をご持参になりまして、主張を仰らなければなりません。さらに、ご油断があってはなりません。

 

 「注釈」

「宇山」─未詳。

「御方」─あなた様。庄原兵部丞のことか。

「上」─毛利輝元か。

 

*「宇山」「御方」「上」など、ほとんどの人物を否定できず、関係性もよくわからな

 いので、かなりいい加減な書き下しと解釈になってしまいました。