周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

圓立寺文書5

   五 繁澤元氏書状(切紙)

 

   以上

 爲今年之祝儀申越、殊百疋祝着存候、遠方被存寄之処本望候、尚重々

 可申、以上、恐々謹言、

      三月十日          元氏(花押)

       善明 進之候

 

 「書き下し文」

   以上

 今年の祝儀として申し越さる、殊に百疋祝着に存じ候ふ、遠方より存じ寄せられるる

 の処本望に候ふ、尚ほ重ね重ね申すべし、以上、恐々謹言、

 

 「解釈」

   以上

 今年のお祝いとして送ってくださった百疋は、とくに満足しております。遠方から思いを寄せてくださったことは本望です。なお、くれぐれもお礼を申し上げます。以上、謹んで申し上げます。