周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

井上文書 その2

   一 五行祭文 その2

 

     (天開)  (地固)         (陰陽)  (際) 

 そもゝゝてんひらきちかたまりよりこのかた、いんようのきわからして五形となり、

     (印)              (智)  (名付)      (戒)

 それ五形いんハ木火土金水神なり、あるいハ五ち五佛となつけ、あるいハ五かい

  (情)          (色) (味)      (ハ脱ヵ) (臓)

 五しやうとなつけ、あるいハ五しき五ミとなつけ、あるい五方五さうとなつけ、ある

    梵字(地水火風)(くう脱ヵ)(衍)           (修行)(菩提)

 いは⬜︎⬜︎⬜︎⬜︎⬜︎ちすいくわふうととなつけ、あるいハほんしんしゆきやうほ大

 (涅槃) (般涅槃妙法蓮華経

 ねはん大はつねはんミやうほうれんけきやうとなつけ、これすなわち五たいミな、こ

     (法蔵)  (根源)    (法報應)          (出生)

 れ八万ほうさうのこんけんなり、ほつほうおうの三神もこれよりしゆつしやうせり、

   つづく

 

 「書き下し文」(必要に応じて、ひらがなを漢字に改めています)

 抑も天開き地固まりより此の方、陰陽の際からして五行となり、それ五行印は木火土

 金水神なり、或いは五智五仏と名付け、或いは五戒五情と名付け、或いは五色五味と

 名付け、或いは五方五臓と名名付け、或いは[梵字]地水火風空と名付け、或いは発

 心・修行・菩提・涅槃・大般涅槃・妙法蓮華経と名付け、是れ則ち五体皆、是れ八万

 法蔵の根源なり、法報応の三身も是れより出生せり、

   つづく

 

 「解釈」

 さて、天地開闢以来、陰と陽の境界から五行が生じ、その五行印とは木火土金水神である。あるいは五智五仏と名付け、あるいは五戒五情と名付け、あるいは五色五味と名付け、あるいは五方五臓と名付け、あるいは[梵字]地水火風空と名付け、あるいは発心・修行・菩提・涅槃の四門、大般涅槃・妙法蓮華経と名付け、これはつまり五体がみな、多くの尊い教えの根源なのである。仏の法身・報身・応身の三身もここから生まれ出る。

   つづく

 

 「注釈」

「五智五仏」─仏語。五智と五仏。五智はそのまま五仏に配当することを示した語

       (『日本国語大辞典』)。

「五智」─大日如来が備え持つという五種の知恵の総称。密教で、法界体性智、大円鏡

     智、平等性智、妙観察智、成所作智の五つとする(『日本国語大辞典』)。

「五仏」─真言密教の両部曼荼羅法身大日如来と、如来から生じた、これをとりまく

     四仏。金剛界胎蔵界の五仏があるが、実は同体とする。金剛界では、大日

     (中央)・阿閦(東)・宝生(南)・阿彌陀(西)・不空成就(北)をい

     い、胎蔵界では大日(中央)・宝幢(東)・開敷華王(かいふげおう=

     南)・阿彌陀(西)・天鼓雷音(北)をいう(『日本国語大辞典』)。

「五戒」─仏語。在家の人の守るべき五種の戒。すなわち、不殺生戒、不偸盗戒、不邪

     淫戒、不妄語戒、不飲酒戒、優婆塞戒。五常(『日本国語大辞典』)。

「五情」─仏語。五根(眼、耳、鼻、舌、身の五官およびその機能)のこと(『日本国

     語大辞典』)。

「五色」─中国古代の五行説では、青、黄、赤、白、黒の五種の色。仏教ではこれを五

     正色とも称し、信、精進、念、定、慧の五根や、五智、五仏などに配する。

     また、一般に、五種類の色、多種の色をもいう。五彩。ごしょく(『日本国

     語大辞典』)。

「五味」─仏語。大般涅槃経で、牛乳を精製する過程で順次に生じる五段階の味、すな

     わち乳味・酪味・生酥味・熟酥味・醍醐味の五つの総称。醍醐味を涅槃経に

     比する。また、天台宗では、五時教に配して、釈迦一代の聖説が説かれた次

     第順序とする(『日本国語大辞典』)。

「五方」─五つの方角。中央と東、西、南、北(『日本国語大辞典』)。

五臓」─漢方で体内にある五つの内臓をいう。心臓、肝臓、肺臓、腎臓、脾臓の称。

     五内(『日本国語大辞典』)。

「大般涅槃妙法蓮華経」─涅槃経と法華経のことか。

「五たい」─「五体なら」身体の五つの部分。筋、脈、肉、骨、毛皮の称。一説に、

      頭、頸、胸、手、足、または頭と両手、両足。転じて、からだ全体。全

      身。「五大なら」仏語。地、水、火、風、空の五大種をいう。万物をつく

      り出す元素(『日本国語大辞典』)。

「法蔵」─仏語。①仏の説いた教え。また、仏法の経典。②真理の蔵。仏法の奥義。③

     仏のそなえる一切の徳のこと(『日本国語大辞典』)。

「法報応」─「法身(ほっしん)」三身などの一つ。真如の理体をいう。真理そのも

      の、永遠の理法としての仏。「報身(ほうじん)」仏語。仏の三身の一

      つ。菩薩であったとき顔を立て、修行の成就によって、その報いとして得

      た仏身をいう。たとえば阿彌陀仏。また、四身のうち自受用身と他受用身

      の二つを合わせた仏身。「応身(おうじん)」仏の三身である法身・報

      身・応身の一つ。衆生を救うためにその機根に応じた種々の姿をとって現

      れた仏のこと。

「三身」─仏語。仏身の三種。法身・報身・広身、自性身・受用身・変化身、法身・応

     身・化身などをいう。三仏身(『日本国語大辞典』)。