周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

田中文書3(完)

    三 小早川隆景書状寫

 

   猶々一二ヶ条、次而なから此者申聞候、可分別事干要ニ候、

 其方數年之忠儀辛労之段、誠ニ無比類候、内々雖忘却、あまり心安

 思候て、無申聞儀候、弥別而大小事及心長久可相替事干要ニ候、然間焼山

 之事可遣置候、趣者委細弥左可申渡候、謹言、

 

      四月廿一日         隆景

   (ウハ書)(井上春忠

     「又右衛門尉殿        隆景」

 

 「書き下し文」

 其方数年の忠儀辛労の段、誠に比類無く候ふ、内々に忘却無く候ふと雖も、あまり心

 安く思ひ候ひて、申し聞こゆる儀無く候ふ、弥々別して大小事心に及び長久相替ふべ

 き事肝要に候ふ、然る間焼山の事遣はし置くべく候ふ、趣は委細弥左申し渡すべく候

 ふ、謹言、

   猶々一二ヶ条、次いでながら此者申し聞こえ候ふ、分別有るべき事肝要に候ふ、

 

 「解釈」

 あなたの数年来の忠義・辛労は、本当にこの上ないものです。心の中で忘れたことはありませんが、あまりに親しく思っておりまして、申し上げることはありませんでした。とりわけ重大なことや些細なことはますます心にかけ、長く替わるべきことが大切です。だから、焼山のことはあなたに遣わし置くつもりです。その内容の詳細は、弥左が申し渡すはずです。以上、謹んで申し上げます。

   もう一つ、二つの用件を、ついでにこの弥左が申し上げます。是非を判断することが肝要です。

 

 「注釈」

「弥左」─未詳。弥左衛門という名か。

「大小事及心長久可相替事」─解釈できませんでした。

「焼山」─広島県呉市焼山町か。大屋村の北に位置し、北東は苗代村、東は栃原・庄山

     田の両村に接し、西は坂村(現安芸郡坂町)。四周をほぼ標高三〇〇―四〇

     〇メートル内外の山地に囲まれ、北西の押込村から流れ込み、小山田村に流

     れ出る二河川が、庄山田境の山地に二河峡と呼ばれる渓谷を形成。村内は北

     部の平坦地のほかは山がちで、二河川両岸に狭小な低地が開ける。枝郷神山

     が両方の山間にある。安芸郡に属した(『広島県の地名』)。