周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

芸藩通志所収田所文書5

    五 安藝国司廳宣

 

 廳宣  田所

      (兄)

  補任執事完部職事

   散位藤原朝臣經兼

 右人、爲相傳譜代之上、任親父兼信之譲状、補任如件、冝承知、依

 用之、以宣、

     (1122)

     保安三年十二月九日

           (爲忠)

 大介兼皇后宮權大進藤原朝臣(花押)

        ○本文書ニ「安藝國印」五アリ

 

 「書き下し文」

 庁宣す 田所

  補任す、執事兄部職の事、

   散位藤原朝臣経兼

 右人、相伝譜代たるの上、親父兼信の譲状に任せ、補任すること件のごとし、宜しく

 承知し、宣によりて之を用ゐよ、以て宣す、

 

 「解釈」

 国司が田所の藤原経兼に下達する。

  補任する、執事兄部職のこと。

 右の人は、執事兄部職を相伝してきた系譜であるうえは、親父兼信の譲状のとおりに、補任するところである。よく承知し、この庁宣のとおりに経兼を田所執事に用いよ。以上、下達する。

 

*「注釈」は一号文書参照。