周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

芸藩通志所収田所文書7

    七 将軍源実朝家政所下文

 

  一 佐[  ]「拒+木」榑事

 

   右、如同状者、榑千寸別二百寸〈公方百寸地頭方百寸〉、「拒+木」又

                        (等)

   同前、先例如此配分、而地頭者於杣山⬜︎置榑末⬜︎山點定任自由點定

         安北郡   (宗)

   取之、次河上可部庄依孝親所一レ知、於彼所限⬜︎上之日、可

   被 院[  ]之間、平均欲沙汰云々者、於杣山

   「拒+木」榑河上率分者、云國衙孝親以下面々地[   ]両方

   率分共以分取之、可止新儀妨矣、

  以前捌箇條、爲大宮大納言家奉行所、被 院宣也、早任先例

  被沙汰之状所仰如件、

 

      (1217)                (景盛)

      建保五年六月廿一日         案主菅野

        (清定)               (孝實)

    令圖書少允清原             知家事惟宗

          (廣元)

    別當陸奥守大江朝臣

       (仲章)

    大學頭源朝臣

             (義時)

    右京權大夫兼相摸守平朝臣

        (頼茂)

    右馬權頭源朝臣

     (門脱) (惟信)

    左衛權少尉源朝臣

         (親廣)

    前遠江守大江朝臣

       (時房)

    武蔵守平朝臣

         (師俊ヵ)

    筭義博士中原朝臣

 

*一行目の「拒+木」ですが、どのような漢字の異体字なのかよくわかりませんでし

 た。「拒」の脚に「木」を当てています。

 

 

 「書き下し文」

  一つ、佐[  ]「拒+木」榑の事、

   右、同状のごとくんば、榑千寸別二百寸〈公方百寸地頭方百寸〉、「拒+木」も

   又同前、先例此くのごとく配分す、而るに地頭は「杣山に於いて⬜︎置榑末⬜︎山点

   定」(この部分不明)自由の点定に任せ之を取る、次いで河上可部庄孝親の知る

   所と為るにより、彼の所に於いて限り有る⬜︎上の日、院[ ]を下さるべきの

   間、平均に沙汰致さんと云々てへり、件の杣山に於いて「拒+木」榑を河上率分

   に採るは、国衙と云ひ孝親以下面々地[  ]両方率分共に以て之を分け取り、

   新儀の妨げを停止すべし、

  以前八箇條、大宮大納言家の奉行所として、院宣を下さるるなり、早く先例に任せ

  沙汰せらるべきの状仰せの所件のごとし、

 

 「解釈」

  一つ、佐東郡の「拒+木」と榑の事。

   右の件は、同状によると、榑千寸につき二百寸〈国衙分百寸、地頭分百寸〉、「拒+木」も榑と同じで、先例のとおりこのように配分してきた。しかし、地頭は杣山を勝手に差し押さえて取り上げた。次に、川上の可部庄は守護宗孝親に領有されているから、院宣をお下しになって、国衙も地頭も等しく徴収したいという。この杣山で「拒+木」と榑を河上の関所料として徴収したものは、国衙も地頭孝親以下の面々も、両方が関所料としてともに分け取り、先例にかなわない妨害を差し止めなければならない。

  以前、大宮大納言家の奉行所として、八ヶ条を記載した院宣をお下しになったのである。早く先例のとおりに処置するべきであるとの仰せである。

 

*書き下し文・解釈ともに、よくわからないところが多いです。

 

「注釈」

「可部庄」─安北郡。『和名抄』の安芸郡漢弁(かべ)郷の地、現在の広島市安佐北区

      可部町中心部を領域とする八条院領荘園。安元二年(一一七六)二月の八

      条院所領目録に庁分荘の一として見える(「山科家古文書」)。大治二年

      (一一二七)十一月の白河・鳥羽両院の高野山参詣に際し、可部荘用途米

      百八石が供養上人供料に相折されているように(『高野山文書』又続宝簡

      集)、立荘はそれ以前に遡る。本家取得分の内の雑公事を除く年貢部分が

      高野山に充てられたものとみられ、保延五年(一一三九)にも鳥羽上皇

      よって能美・可部両荘の年貢を大伝法院聖人供料とすることが定められて

      いる(「根来要書」)。その後、嘉元四年(一三〇六)六月十二日の昭慶

      門院所領目録の庁分荘の中に「前平中納言 可部庄」と見えるが(「竹内

      文平氏旧蔵文書」)、この「前平中納言」はおそらく当時の領家平経親を

      指すと思われる。

      可部荘の実態については、建保五年(一二一七)六月二十一日の将軍家政

      所下文がわずかにその手掛かりを与えてくれる(「芸藩通志所収田所文

      書」)。国衙・地頭間の相論に裁決を下したこの文書から、さしあたって

      注目されるのは次の二点である。一つは、可部荘が佐東川(太田川)水運

      の重要な拠点であったとみられること。もう一つは、可部荘地頭を当時の

      安芸守護宗孝親が兼帯していたという事実である。孝親の守護領の中核部

      分は葉山城(源)頼宗の旧領を継承したことが明らかで有るが、可部荘に

      も源平争乱期に在庁源氏一族とみられる可部源三郎(源頼綱)の存在が知

      られる(「厳島野坂文書」)。(後略)(『講座日本荘園史9 中国地方

      の荘園』吉川弘文館、1999)。

「大宮大納言」─西園寺公経か。(承安1〜寛元2)鎌倉前期の公卿。太政大臣。父は

        藤原実宗。源頼朝外戚として勢力をのばし、関東申次西園寺家の基

        礎をきずく。北山殿のなかに建立した西園寺を家名とした(『新版 

        角川日本史辞典』)。なお、公経は後鳥羽上皇の院司でもあった(山

        岡瞳「中世前期公家政権と西園寺家」2017・3、https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/225697/3/gnink00822.pdf