周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

芸藩通志所収田所文書8

    八 平兼資解并安堵外題

 

      (外題)

      「如解状者尤國益也、任申請旨一色段別官米[    ]事

       者、[    ]事、併可停止之[   ]執次第也、早任

       四至相傳領掌之状如件、

                          目代[    ](花押)」

 

 田所大判官代散位平兼資解 申請[

  請殊爲國益能治裁判、開發常々荒冬原、令濟段別官米参斗

  代於國庫、欲上レ究[   ]下

         (万)

         ⬜︎(万)雜[  (公事)

    在安南郡

     一所 温科方冬原

       四至〈東限温科河 西依請濱 北限弥吉開發田 南限温科川依請〉

     一所 [

      四至〈東限大道 [   ] 北限弥冨領 南依請濱〉

     一所 府中北濱

                       (西依請濱ヵ)

      四至 〈東限久武領田并弥冨領大道 [    ] 北限弥冨領田并

          高岸 南限惣社正月一日田〉

 右、[  ]内、件所[ ]無主常々荒[  ]今、且⬜︎國[   ]免判語

 便冝土民開發、於正税官物者進濟段別官米参斗代、至田率雜事

 [  ]申分云[  ]役[ ]々伊勢御祈米[     ]停止之事是公平也、

 何不免判矣、望請任状被裁定者、成其男自今春[       ]

 四至、勒子細、以解、

     (1198)

     建久九年正月日

                田所大判官代散位平兼資

 

 「書き下し文」

      「解状のごとくんば尤も国益なり、申し請ふ旨に任せ一色段別官米

       [   ]事は、[   ]事、併しながら停止せしむべきの

       [   ]次第なり、早く四至に任せ相伝領掌せしむべきの状件の

       ごとし、

                          目代[    ](花押)」

 田所大判官代散位平兼資解し申し請ふ[

  殊に国益のため能く裁判を治め、常々荒れたる冬原を開発し、段別官米三斗代を国

  庫に弁済せしめ、[   ]究められんと欲せらるるを請ふ、

         万雑公事

   (四至は省略)

 右、[  ]内、件の所[ ]無主常々荒る[  ]今、且つがつ⬜︎国[   ]

 免判便宜の土民を語らひ開発せしめんと欲す、正税官物に於いては段別官米三斗代を

 進済す、田率雑事に至り[  ]申分云[  ]役[ ]々伊勢御祈米[    ]

 停止の事是れ公平なり、何ぞ免判を蒙らざるか、状に任せ裁定せらるるを望み請は

 ば、成其男自今春[    ]四至、子細を勒し、以て解す、

 

 「解釈」

      「解状によると、なるほど国の利益になるのである。願い出た趣旨のとおり、一色段別官米[    ]、ことごとく差し止めるべきである。早く四至のとおりに相伝領掌するべきである。」

 田所大判官代散位平兼資が願い申し出る[

  特に国の利益のために念入りに裁判を行い、常に荒れている冬原を開発し、段別三斗代の官米を国衙の蔵に進納させ、[   ]しようとすることをお願い申し上げる。

   (中略)

 右の冬原は、無主の地で普段から荒れている。[  ]都合のよい住人を説得して開発させようと思う。正税・官物については段別官米三斗代を進納する。田率雑事については、[  ]を差し止めることが公平である。どうして国司免判をいただかないのか。解状のとおりにご裁定になることをお願い申し上げる。[   ]事情を書き上げ、上申します。

 

*書き下し文・解釈ともに、よくわからないところが多いです。

 

 「注釈」

「一色」─もと、ひとそろい、全部の意。ふつう田地には年貢(官物)と雑公事が賦課

     されるが、そのうちいずれかを免除され、一種類の課役のみ負うという意

     味。雑公事免除の場合が多い(『古文書古記録語辞典』)。

「冬原」─温科村の字か。以下、『広島県の地名』温科村の項目を部分引用しておく。

     建久九年(1198)正月日付平兼資解(「芸藩通志」所収田所文書)に

     「一所温品科方冬原」とあり、この土地の四至は「東限温科河 西依請浜 

     北限弥吉開発田 南限温科川依請」と記す。平安・鎌倉時代の温科村には六

     三町八反一二〇歩の国衙領があり、うち五四町七反余が不輸免で(年欠「安

     芸国衙領注進状」田所文書)、厳島社以下諸社寺の免田や、在庁官人田所氏

     の私領(一〇町余)などがあった(正応二年正月二十三日付「沙弥某譲状」

     同文書)。また平安末期に後三条天皇が設定した安芸国新勅使田に含まれる

     部分もあったらしく、弘長三年(1263)安芸国新勅使田損得検注馬上帳

     案(東寺百合文書)などにある。「久曾田三反小」は寛永十五年(163

     8)温品村地詰帳(広島市公文書館蔵)に見える字名「くそた」にあたる。

「正税」─律令制下、徴収した田租(穎稲)を正倉に収納するとこれを正税と称した。

     天平年間、各種の官稲が正税に一本化され、その出挙利稲が官衙の諸費用を

     賄うようになると、出挙本稲を正税というようになった(『古文書古記録語

     辞典』)。

「官物」─令制下の租・庸・調・雑物など貢納物の総称。⑴平安中期以降の公領におけ

     る貢納は官物と雑役であるが、田租と地子米をあわせて官物といい、また貢

     納物を官物と田率雑事に分ける。⑵平安後期には、官物と臨時雑役の体系に

     かわって国ごとに公田官物立法が定められた。保安三年(一一二二)伊賀国

     では、別符〜段別見米五斗、公田〜段別見米三斗・准米一斗七升二合・油一

     合・見稲一束・穎二束、院御荘出作田〜見米三斗・准米一斗七升二合・穎三

     束であった。⑶荘園における年貢所当のこと(『古文書古記録語辞典』)。

「田率雑事」─田地の面積に応じて賦課される雑公事。田率は段別と同意。「率」は

       「そっする」で、割合、比率の意(『古文書古記録語辞典』)。