周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

酒好きの狸

  応永二十四年(一四一七)五月八日条 (『看聞日記』1─125頁)

 

 八日、晴、勝阿参、一献持参、抑聞、今日一条辺酒屋下女一人来、取酒則飲帰之処、

  犬来吠之、下女仰天逃去、人々犬を追、而犬猶走懸為食令叫喚、然間帽子ヲ落了、

  頭毛生有耳、其時はけ物露顕、万人群集捕之縛了、忽古狸成了、打擲引行之

  間死云々、希代不思儀事也、

 

 「書き下し文」

 八日、晴る、勝阿参る、一献持参す、抑も聞く、今日一条辺りの酒屋に下女一人来

  る、酒を取りて則ち飲みて帰るの処、犬来りて之に吠ゆ、下女仰天し逃げ去る、

  人々犬を追ふ、而して犬猶ほ走り懸かり食はんとして叫喚せしむ、然る間帽子を落

  とし了んぬ、頭に毛生ゆる耳有り、其の時ばけ物露顕す、万人群集し之を捕らへ縛

  り了んぬ、忽ち古狸に成り了んぬ、打擲し引き行くの間死ぬと云々、希代の不思儀

  の事なり、

 

 「解釈」

 八日、晴。勝阿が一献のお酒を持って来た。さて聞くところによると、今日、京都の一条辺りの酒屋に一人の下女がやって来て、酒を注文してすぐに飲んで帰ろうとしたそうだ。その帰り際に、犬が来て、その下女に吠えかかった。下女は驚いて逃げ出した。下女につきまとう犬を人々も追いかけた。そして犬はなおも下女に噛みつこうとして走り懸かっていき、吠えた。そうしたら、下女のかぶっていた帽子が落ちた。なんとこの下女の頭の上には、毛が生えている耳があった。それで、この下女が化け物だと分かった。そこへ大勢の人々が集まってきて、この化け物を捕まえ縛りつけた。そうしたら、下女はたちまち年老いた狸の姿になってしまった。人々が殴りつけ、引きずり回したので、狸は死んでしまったそうだ。まれにみる不思議な出来事だ。

 

 

*解釈、注釈は、薗部寿樹「『看聞日記』現代語訳(五)」(『山形県立米沢女子短期

 大学紀要』51、2015・12、https://yone.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=209&item_no=1&page_id=13&block_id=21)を引用しました。

 

 「注釈」

*まるで、「まんが日本昔ばなし」のような話です。下女に化けた古狸は、ちゃんとお金を払ったのでしょうか。やはり、定番通り、葉っぱをお金に変えたのでしょうか。とても気になります。

 それにしても、中世人は残酷です。古狸は酒を買って飲んだだけなのに、それを殴りつけ、引きずり回して殺してしまうのですから。こんな物語を子ども向けにテレビで放映しようものなら、すぐにtwitterで保護者からクレームがつけられて炎上し、BPOで審議されることになるのでしょう。どちらも、怖い世の中です。