周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

自死の中世史 21 ─自死紹介の悩み5─

【その5】

 

 ここまで、だらだらと個人的な悩みを書いてきましたが、悩みは独白するだけでもある程度スッキリするものです。当たり前のことかもしれませんが、私は今後、自死を「行為」とみなし、①自死の原因・理由動機、②自死の目的動機、③目的遂行のために自死を選択した理由、といった3つの視角を大切にしながら、史料を紹介していこうと思います。自死未遂・既遂者は、何らかの原因・理由を引き金に、ある目的意識が生じ、その目的遂行のために自死を選択し、遂行する。こうした動態的なモデルを、私は典型的なパターンと考えています。なお、原因・理由と目的を合わせて表現したいときには、「動機」という言葉を使おうと思います(11)

 

 ただし、前近代の史料を利用してこうした問題を明らかにしていくには、次の2点が足枷となります。1つ目は、現代の警察機構や官公庁が公表するような公式統計が、前近代には存在しないということです(12)。前近代の自死を分析するためには、古文書・古記録・古典籍などを利用するしかありません。そして、これまで紹介してきた史料の多くは、何らかの事件の一環として自死を記録したものにすぎず、自死の記述を主な目的とした史料はほとんどありませんでした。したがって、定量分析の効果はそれほど期待できない、定性分析に頼らざるをえないということになります。

 

 2つ目は、自殺既遂・未遂者の遺書や、彼らに対する調査記録などが残されていないということです(探せてないだけかもしれませんが)。残念ながら、前近代の史料を分析するかぎり、自殺既遂・未遂者が直接語った動機を聞き出すことはできません。また、かりに自死を見聞きした第三者の推定する動機が妥当だったとしても、それを検証することもできません。したがって明らかにできるのは、第三者が見聞し推定した自殺の動機ということになります。この第三者の推定した動機はその人自身のなかで留まることはなく、その関係者にも情報として伝わっていくことになります。これが一定の社会集団で共有され、自殺の常識的知識(社会的意味)が形成されると考えられます。新たな動機が認識されれば、それが新たな知識として共有される。これが繰り返されて、自死動機の類型が増えていくのではないでしょうか。そして、この類型が個人の意識に還元され、自殺の個人的な動機(主体的意味)に影響を与えると考えられます(13)

 

 最後に、この史料紹介の目的を、明確化しておきます。中世の自死史料を提示することで、まずは、自死を見聞し書き残した、第三者の推定する動機を浮き彫りにしたいと思います。そして、それらが当該期の社会常識になっていることを、なるべく証明していこうと思います。さらに、目的遂行のために自死を選択した理由をできるだけ推測し、人間を自死へと誘う「しがらみ」を明らかにしたいと思います。

 

 ひとまず、このような視角と方法で史料紹介を続けてみようと思いますが、またいろいろな本や論文を読みながら、少しずつ考えを改善していこうと思います。

 

   おわり

 

【注】

(11)

 「原因」と「理由」の違いについては、論争があるようです(「原因/理由」『岩波哲学・思想事典』岩波書店、1998。一ノ瀬正樹「序章 不確実性の認識論」5頁『原因と理由の迷宮』勁草書房、2006)。どのような場合にどちらの表現を使うべきか、いまのところ明確に判断できていないので、しばらくは区別を曖昧にしたまま使っていきます。明確に区分できるようになれば、書き直したいと思います。

(12)

 実は、公式統計にまったく問題がないわけでもありません。ダグラスは、公式統計に含まれるエラーが系統的である可能性を強く示唆しています。以下、前掲注(4)杉尾論文(156頁)をそのまま引用します。「例えば、公式統計作成者が、個別の自殺認定の際に、自殺についての常識的知識を参照している可能性である。その場合、自殺の公式統計作成プロセスは、客観的基準に従った自殺認定プロセスではなく、そのプロセスに関与する人々が共有する自殺についての常識的知識に大きく影響され方向付けられた(つまり系統的に偏った)人為的基準に支配されている記録化のプロセスとなる。また、これとは別のバイアスの系統性の源泉は、公式統計作成者による自殺認定作業が自殺者の属する(対人関係から文化まで様々な)集団からの自殺を隠蔽する力にさらされている可能性である」。

 つまり、本当は他殺や事故であるのに、自殺とみなしてしまうことがありえるのです。また、自殺の認定に当たって、関係者の証言を聞くことになるのでしょうが、その関係者は自殺の本当の原因が暴かれることを嫌い、隠蔽する可能性もあるのです。したがって、自殺であるかどうかの認定(自殺数値への影響)だけではなく、その原因の認定にも、常識的知識や隠蔽というバイアスがかかっていることを考慮に入れておかなければならないのです。これは、現代の日本の公式統計にも言えることかもしれませんし、同じことは前近代の史料分析にも言えます。前近代には自殺の原因を認定する公的・客観的基準が存在しない以上、史料の記主や情報の伝達主体が推定した原因を、そのままバイアスがかかったものとして抽出し、そのバイアスがなぜ生じているのかを明らかにすることも、前近代の自死分析には必要だと考えられます。

(13)

 前掲注(4)杉尾論文、158頁参照。