周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

厠の尼子さんとその眷属

【史料1】

  応永二十五年(一四一八)十月二日条 (『看聞日記』1─234頁)

 

 二日、晴、

  (中略)

                        称光天皇

  去比禁中はけ物あり、女房腰より下は不見半人也、主上大便所ニて被御覧云々、

      〔違〕       (白川)

  其以後御遣例、此化人主上、資雅朝臣有御物語云々、非虚説事也、

 

 「書き下し文」

  去んぬる比、禁中にばけ物あり、女房腰より下は半ば見えざる人なり、主上大便所

  にて御覧ぜらると云々、其れ以後御違例、此の化人のこと主上、資雅朝臣に御物語

  有りと云々、虚説に非ざる事なり、

 

 「解釈」

 さきごろ、内裏に化け物が出たという。腰から下の身体は消えていて目に見えない。女房姿の化け物だそうだ。称光天皇陛下が大便所で目撃なさった。その時からご病気になったという。この化け物のことを、天皇陛下は白川資雅朝臣にお話ししたそうだ。だから単なるうわさ話ではない。

 

*解釈は、薗部俊樹「資料紹介『看聞日記』現代語訳(九)」『山形県立米沢女子短期

 大学附属生活文化研究所報告』44、2017・3、https://yone.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=283&item_no=1&page_id=13&block_id=21)を引用しました。

 

 「注釈」

トイレの花子さんではないのでしょうが、宮中の大便所には女房姿の化け物が出現したようです。しかも下半身が消えている。足がない幽霊?化け物?の描写は、室町時代まで遡れることがわかります。いったい、いつ誰が言い始めたのでしょうか。これが、足のない幽霊について記載された最古の文献史料であれば、かなり興味深いのですが…。

 それにしても、便所で用を足しているときに化け物が現れるというのは、簡単には逃げ出せない状況だけに、相当に怖いです。

 さて、この室町時代の「トイレの花子さん」ですが、姿を変えてまた出現します。しかも、恐ろしい部下を引き連れて…。

 

 

【史料2】

  応永三十二年(一四二五)七月二十七日条

                   (『図書寮叢刊 看聞日記』3─147頁)

 

 廿七日、晴、

  (中略)

 称光天皇

  御悩之様風聞之説、廿五日夕方大便所御座之時、変化尼一人参則失、其後亀一

  出来、主上奉食付之間、亀甲乗御云々、亀もて返して食付、御腹之内入と

  思食て御絶入あり云々、良久無還御之間、女房参て奉見、絶入して御座あり、

  面々仰天、舁出し奉て御蘇生あり、此次第有御物語云々、御前水紫野寺之名石

  被召寄被立之、彼霊石祟申之由陰陽師占申之間、昨日彼石共雨中紫野寺

  返遣云々、(後略)

 

 「書き下し文」

  御悩みの様風聞の説、廿五日夕方大便所に御座の時、変化の尼一人参り則ち失す、

  其の後亀一つ出で来り、主上に食い付き奉るの間、亀の甲に乗り御ふと云々、亀も

  返して食い付き、御腹の内に入ると思し食して御絶入ありと云々、良久しくして還

  御無きの間、女房参りて見奉るに、絶入して御座あり、面々仰天し、舁き出だし奉

  りて御蘇生あり、此の次第御物語ありと云々、御前水に紫野寺の名石召し寄せられ

  之を立てらる、彼の霊石祟り申すの由陰陽師占ひ申すの間、昨日彼の石ども雨中に

  紫野寺へ返し遣はすと云々、

 

 「解釈」

 称光天皇がご病気であるという噂があった。二十五日夕方、帝が大便所にいらっしゃったとき、尼姿の化け物が一人現れて、すぐに消えた。その後、亀が一匹現れて、帝に食い付き申し上げたので、帝は(身をかわそうと)亀の甲羅にお乗りになったという。亀もひっくり返ってさらに食い付き、帝は亀がご自分のお腹に食い入るとお思いになって気絶なさったという。しばらくしても帝がお戻りにならなかったので、女房がやってきて拝見すると、気絶してお座りになっていた。女房たちはおのおの驚き、帝を担ぎ出し申し上げたところ、意識を取り戻しなさった。帝はこの事情をお話しになったという。宮中の庭先の流水に、大徳寺のすぐれた石をお取り寄せになり、それをお立てになっていた。この霊石が祟り申し上げている、と陰陽師が占い申し上げたので、昨日その石を雨の中、大徳寺へお返しになったという。

 

 「注釈」

「御前水」─未詳。庭の流水か。

「紫野寺」─大徳寺のことか。京都市北区紫野大徳寺町。船岡山の北にある臨済宗大徳

      寺派の大本山。竜宝山と号し、本尊釈迦如来。正和四年(一三一五)、宗

      峰妙超(大燈国師)が、赤松則村の帰依をうけ、雲林院の故地に一宇を建

      立したのが始まりと伝える(『京都市の地名』平凡社)。

 

*今回の化け物も同じく女性なのですが、尼の姿で便所に現れました。前回同様、女性の化け物自身は、姿を現してすぐに消えるのですが、今回の「厠の尼子さん」には、強力な助っ人がいました。なんと、新たに亀が出現して、称光天皇に襲いかかったのです。

 しかもこの亀、結構しつこいんです。帝は亀の攻撃を避けようと、甲羅の上に乗るのですが、亀は身を翻してまたお腹に食い付こうとする。当時の宮中の大便所がどれほどの広さかわかりませんが、狭い場所で大立ち回りが繰り広げられていたわけです。そりゃ、気絶の一つもするはずです。

 さて、この怪異の原因ですが、大徳寺から持ってきた霊石の祟りだということになりました。幼い頃のことですが、旅行先できれいな石を見つけて持って帰ろうとした私に、母親が「悪いものが付いてくるから、持って帰ってはだめだ」と言ったことがありました。パワーストーン然り、古代の磐座然り。石には不思議な力が宿っているのかもしれません。