周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

千葉文書3

    三 小早川隆景感状寫

 

    (安藝)   (晴賢)

 去朔日當國佐西郡厳島陶陣山斬崩時、敵一人討捕之、粉骨之至尤神妙也、

 仍感状如件、

     (1555)

     天文廿四年十月廿一日       隆景〈御書判〉

               神保五郎殿

 

 「書き下し文」

 去んぬる朔日当国佐西郡厳島陶の陣の山を斬り崩す時、敵一人之を討ち捕る、粉骨の

 至り尤も神妙なり、仍つて感状件のごとし、

 

 「解釈」

 去る十月一日、安芸国佐西郡厳島陶晴賢本陣の山(塔の岡ヵ)を切り崩すとき、敵一人を討ち取った。このうえなく力の限りを尽くしたことは、いかにも感心なことである。よって感状は以上のとおりである。

 

 「注釈」

「感状」─①戦功を賞でて武将から与えられる文書。中世には、恩賞知行について記し

     た書状。②免許状。③褒状(『古文書古記録語辞典』)。