周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

千葉文書8

    八 小早川隆景書状(折紙)

 

 追而鶴一羽差上せ候、一段新敷候、獵味之薬食別而祝着候、

 (神保源右衛門尉)               (包久景相)

 神源右肝煎候由、神妙候、弥其心懸干要候、猶従包次兵所申候、謹言、

       十二月十六日         隆景(花押)

 

          高又兵

          神源右

 

 「書き下し文」

 神源右肝煎し候ふ由、神妙に候ふ、弥其の心掛け干要に候ふ、猶ほ包次兵の所より申

 すべく候ふ、

 追つて鶴一羽差し上らせ候ふ、一段と新たらしく候ふ、獵味の薬食別して祝着に候

 ふ、謹言、

 

 「解釈」

 神保源右衛門尉があれこれと世話をしておりますことは、感心なことです。ますますその心掛けが大切です。さらに包久景相のところから申し上げるはずです。以上、謹んで申し上げます。

 追伸。鶴一羽を進上してくれました。格別に新しいものでした。鳥獣の肉を食べることは、とりわけ喜ばしいことです。

 

 「注釈」

「薬食」─くすりぐい。①冬に、保温や滋養のために猪、鹿などの肉を食べること。普

     通、獣肉は穢があると忌んで食べなかったが、病人などは薬と称して食べ

     た。②からだにとって栄養になるものを食べること(『日本国語大辞

     典』)。