周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

天狗のイタズラ

  応永二十七年(一四二〇)六月二十七日条 (『看聞日記』2─59頁)

 

               〔釈〕

 廿七日、晴、酉時有大地震、帝尺動也、又有焼亡、〈申時歟、〉北小路油小路辺

  云々、天狗洛中荒云々、先日中京辺在家四五間菖蒲葺云々、天狗所為歟、

  炎旱非只事、御祈禱雖被行無其験、春日大明神御祟云々、(後略)

 

 「書き下し文」

 二十七日、晴る、酉の時大地震有り、帝釈動くなり、又焼亡有り〈申の時か〉、北小

  路油小路辺りと云々、天狗洛中を荒らすと云々、先日中京辺りの在家四、五間の菖

  蒲を逆さに葺くと云々、天狗の所為か、炎旱只事に非ず、御祈祷行はると雖も、其

  の験無し、春日大明神の御祟りと云々、

 

 「解釈」

 二十七日、晴れ。酉の刻に大地震が起こった。帝釈天堂が動いたのである。また火事があった。〈申の刻か〉。北小路油小路あたりという。天狗が洛中を荒らしているそうだ。先日、中京あたりの民家四、五軒の菖蒲を逆に挿したという。天狗の仕業だろうか。日照りは只事ではない。ご祈祷が行われたが、そのご利益はなかった。春日大明神の祟りだそうだ。

 

 「注釈」

「帝釈」─帝釈天堂。南丹市八木町字船枝。船枝集落の北部山中にある。庚申さんと称

     して崇敬者が多い。船枝の福寿寺(曹洞宗)所蔵の慶長七年(一六〇二)正

     月一六日付の紫雲山小倉寺縁起によると、宝亀一一年(七八〇)和気清麻呂

     が神護寺(現京都市右京区)を草創した際霊感を受け、丹波の国船井郡吉富

     庄舟枝村東北の山上に至って小倉の中に帝釈天像を発見、一寺を建立して紫

     雲山小倉寺と号した、その後帝釈天弘法大師に寄進し、大師は千谷山を開

     き伽藍を構えた。応仁年間(一四六七─六九)に焼亡したが本尊のみ災いを

     免れて、中世末期に同山千谷口の上に草堂を再興し帝釈天を安置したとい

     う。旧跡地を寺床と呼び現在も地名が残る。その後、寛永三年(一六二六)

     にも火災に遭い、貞享年間(一六八四─八八)園部藩主ほかより寄進を受け

     て完成したのが現存の堂宇である(『京都府の地名』平凡社)。

 

*さまざまな災害が起こっているなかで、一つだけ、信じられないほど些細な災いが起こっています。邪気払いのためでしょうか、民家の軒先に挿していた菖蒲を、ひっくり返したものがいたようです。それがなんと、天狗の仕業だと噂されているのです。子どものいたずらとしか思えないのですが、天狗はこんなしょうもないことをすると考えられていたようです。大騒ぎするほどのことでもないように思いますが、中世人にとっては、これも無視できない災いだったのでしょう。天狗は神通力を使って菖蒲をひっくり返したのか、菖蒲を一本ずつ逆さまに挿し込んだのかわかりませんが、そんな姿を想像すると、ちょっと笑えます。

 

*2018.9.26加筆

 「菖蒲を逆さに葺く」というのは、この時期に民間で行われていた風習なのだそうです。清水克行『大飢饉、室町社会を襲う!』(吉川弘文館、2008、152〜155頁)によると、地方によっては、5月5日に家の軒先に菖蒲の葉を逆に葺いて、家内に邪気が入らないようにするという風習が、現在でも残っているそうです。また、5月5日に行われるはずの菖蒲葺きが、6月末になって再度行われていることから、次のような評価をされています。

 「五月五日の菖蒲葺きの後も一向に災厄が収まらずに『天狗』が跋扈していることから、当時の一般庶民はもう一度菖蒲の節供をやりなおすことで、こんどこそ『天狗』を追い払おうと考えたのだろう。」

 こうしたやり直し慣行は、正月やひな祭りでも見られるそうです。そもそも、この史料の記された応永27年(1420)は、応永の大飢饉の起きた年でした。炎旱という異常気象が続く状況をなんとか変えたくて、民衆は民衆なりの知恵を絞り出したのでしょう。端午節供で菖蒲を正しく挿しても効果がなかったから、6月末の段階でやり直しとして、逆さまに挿したのかもしれません。

 それにしても、「菖蒲を逆さに葺く」というのは、ただの子どものいたずらだと思っていたのですが、まさかこんな呪術的な意味があったとは思いもよりませんでした。記主の貞成親王は、これを天狗の仕業と考えているようなので、身分の高い人たちは「菖蒲を逆さに葺く」という慣習を知らなかったようです。おそらく、菖蒲を正しく挿す方法しか知らなかったから、怪異の1つと考えたのでしょう。洛中と洛外という場所の違いか、身分の違いかわかりませんが、貞成親王と民衆の間には、いくぶん文化的な断絶があるようです。