周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

野村文書2

    二 阿曾沼元秀宛行状(切紙)

 

     (野村)

 今度上口淡路守供之段神妙候、弥奉公肝要候、於然者壹貫五百目太郎ニ可

 者也、仍所定如斯、

     (1579)

     天正七年〈己卯〉

       貳月六日           元秀(花押)

              野村太郎殿

 

*割書は〈 〉で記載しました。

 

 「書き下し文」

 今度上口淡路守の供の段神妙に候ふ、弥奉公肝要に候ふ、然るに於いては一貫五百目

 太郎に遣はすべき者なり、仍て定むる所斯くのごとし、

 

 「解釈」

 この度、上口淡路守の供をしてくれたことは感心なことである。ますます奉公することが肝要です。そこで一貫五百目の地を野村太郎に与えるつもりである。よって、決定したことは以上の通りである。

 

 「注釈」

「上口淡路守」─3号文書の野村淡路守のことか。野村太郎の一族で、後見人なのかも

        しれません。