周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

疫神の中世的イメージ

  応永二十八年(一四二一)五月二十八日条 (『看聞日記』2─133頁)

 

    (冷泉範綱ヵ)                  (後小松上皇

 廿八日、正永参語世事、洛中病死興盛、言語道断事云々、此間仙洞有御夢想、相国

  寺門前千頭許群衆、門内欲入、而門主防之追出、前牛声シテ曰、誠

  座禅之所也、不可入、牛共退散、京中乱入了、夢中人云、是コソ疫神ニテ

  候申、御夢覚了、室町殿院参之時被語申、則退出、相国寺へ入御、僧達悉可依

  座之由被仰、大衆依座勤行云々、不思儀御夢也、春日社有怪異、社頭鹿斃死又

  血流云々、(後略)

 

 「書き下し文」

 二十八日、正永参り世事を語る、洛中にて病死興盛、言語道断の事と云々、此の間仙

  洞御夢想有り、相国寺門前に牛千頭ばかり群衆す、門内へ入らんと欲す、而るに門

  主之を防ぎ追ひ出す、前に進む牛声を出して曰く、誠に座禅の所なり、入るべから

  ずと云ひて、牛共退散し、京中へ乱入し了んぬ、夢中に人云く、是れこそ疫神にて

  候ふと申し、御夢覚め了んぬ、室町殿院参の時語り申され、則ち退出し、相国寺

  入御す、僧達悉く座に依るべきの由仰せらる、大衆座に依り勤行すと云々、不思儀

  の御夢なり、春日社に怪異有り、社頭に鹿斃死し又血流ると云々、

 

 「解釈」

 二十八日、冷泉範綱(ヵ)がやって来て世間話をした。「洛中で病死する人が数多く出た。もってのほかのことである」という。この間、後小松上皇の夢でお告げがあった。相国寺の門前に牛千頭ほどが群衆し、門内に入ろうとした。しかし門主がこれを防ぎ追い出した。先頭を進んでいた牛が声を出して言うには、「やはり座禅の道場である。入ることができないぞ」と言って、牛どもは退散し、京中へ乱入した。夢の中である人が言うには、「これこそ疫神です」と申し、夢が覚めた。室町殿足利義持が院参した時に上皇がお話し申し上げなさり、室町殿はすぐに退出して、相国寺へお入りになった。「僧たちはみな座に集まれ」と仰せになった。僧たちは座に集まり勤行したそうだ。不思議な夢である。春日社で怪異があった。社頭で鹿が斃死し、また血が流れたという。

 

*解釈は八木聖弥「『看聞日記』における病と死(2)」(『Studia humana et naturalia』38、2004・12、https://kpu-m.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=931&item_no=1&page_id=13&block_id=21)、鈴木亨『日本史瓦版』(三修社、2006)、清水克行『大飢饉、室町社会を襲う!』(吉川弘文館、2008、133頁)を参照しました。

 

 「注釈」

 中世人が疫神を牛の姿でイメージしていたとは知りませんでした。前掲清水著書によると、「疫神」=「牛」というイメージは、後小松上皇の個人的なものではなく、中世人の常識となっていたようです。似たような夢の記載は、『経覚私要抄』(宝徳2年4月)にも記されているそうです。

 それにしても、なぜ牛なのでしょうか。これについても清水著書で説明されています。

 「日本中世で最も有名な疫神である牛頭天王は、その名のとおり『牛』の姿をしていたり、『牛』にまたがったりするものとされていた。おそらく当時の人々は、この牛頭天王と疫病の連想から、人々を悩ます疫神の正体を『牛』のイメージで造形してたのだろう。」

 

 目に見えない病気の正体を、目に見える何かに象徴化して理解しようとする。現代で言えば、ウイルスや虫歯菌のようなものを、三又の槍を持った悪魔のようなキャラ(バイキンマン)で表現するようなものでしょうか。人間のやっていることは、昔からあまり変わらないようです。